【きもの初心者必見】"うそつき"って何?

こんにちは。着物初心者の藤田です。 この世界に入り、びっくりしたこと、それは 「"うそつき◯◯"という物があるんだ?!」 ということです。 たかはしに入社し、オリジナル商品を覚えるためカタログをみると、知らない商品だらけでした。 私が最初にあった、着物を着るために必要な物の知識としては、 きもの 帯 帯揚げ、帯〆 襦袢(きものの中にも確か何か着た気がするな〜程度) 何か肌着みたいなのも着た気がする 大量の紐とタオル この程度でした(笑) なので、肌着や襦袢にも工夫された商品があることに驚きでしたが、衿と袖だけってあるんだ?!とびっくりしたのを覚えています。 ただ正直、たかはしは今までにない商品を開発していることは入社当初でも分かっていたので、"うそつき袖"や"うそつき衿"も「オリジナルなのでは?」と一瞬思ったことがあります(笑) すぐ調べてみると、きもの業界では当たり前にあることを知り、 「きものを着るのは大変だけど、日常着として着やすくするための工夫もされているんだな〜」 と感じました。 本日は、 "うそつき"について 学んだことを皆様に共有させていただければと思います! きもので言う"うそつき"とは? 調べてみたところ、言葉の通りでした(笑) 着物を着る際の工程を省いたり、それっぽく見せることを「うそつき」と言うそうです! 肌襦袢に衿や袖を付けて"長襦袢"を"省略"するので「うそつき襦袢」 長襦袢に半衿を付けて着ているように"見せる"「うそつき衿」 など。 うそつき袖 マジックテープでの脱着方法が多いようです。他にはスナップボタンタイプも見かけました。 当店のうそつき袖はマジックテープです。 マジックテープだと、貼る位置で多少袖幅を調節できるのがメリットですね。 脱着方法は業界全体的に同じものが使われていますが、マジックテープの位置など異なっていたりするので注意が必要です! うそつき衿 基本は衣紋抜きと合体しているのが多いようです。 衣紋抜きがついているので、長襦袢で衣紋を抜くより簡単なイメージです。 「半衿を縫い付けるのが面倒…でも色々な色柄を楽しみたい!」という方もおすすめですね。 こちらも、うそつき襦袢に半衿がついているものもあったりするので、組み合わせには注意が必要です。 うそつき襦袢 肌襦袢に、うそつき袖やうそつき衿を付けられるようなものを「うそつき襦袢」と呼ばれているそうです。 上下に分かれる二部式や、半衿がついているもの、ついていないもの、様々な種類があります! うそつきシリーズは長襦袢を省略できるので、 「きものは何枚も重ね着するから暑い!」 がなくて良いですね! 少しでも工程を省略できるのは、初心者として嬉しいです(笑) ちょっと話をずらしてしまいますが… 新人お得意のGoogle先生によると、歴史的には長襦袢より二部式の方が古いのだとか! 私はてっきり長襦袢を楽に着る工夫として二部式になったと思ってたのでびっくりしました(゚ω゚) まとめ うそつきシリーズは "きものをラクにきれいに着れる工夫" が形になっていると思いました。 うそつき衿に慣れてしまったら、長襦袢を着るときに衣紋抜きがないと苦戦しそうです(@~@;) うそつき袖も、数枚持っていてもかさばりませんし、気分で変えられるのでコーディネートの楽しみが増えそうです。 ただ、お店ごとに仕様が異なるので、基本は同じブランドで揃えるのが一番ですが、違ったブランドで探す場合は注意が必要ですね! そして今回思ったことは、 私みたいに、 「きものに興味があって着てみたいけど、大変そう…」 と、興味はあっても一歩踏み出せない方はたくさんいると思います。 その方々に、こういう情報って中々届かないよな〜と感じました。 でも、「調べない」という事実もあることは自覚しております! 興味ある方が、ちょっと調べたときに見つけられて、ラクに着る工夫を知ってもらえれば、きものを楽しむ人口も増えてくると思います。 なので、この新人ブログを少しでも多くの"きものに興味ある方"へ届けられるよう新人メンバーで更新していきたいと思います(`・ω・´)g 最後までご覧いただきありがとうございました。次回もぜひご覧くださいませ! 紹介した商品 うそつき袖(替え袖)一覧 うそつき衿(替え衿)一覧 えもん抜き¥748(税込) 新人がびっくりしたことシリーズは下記リンクバナーから一覧をご覧になれます。 更新情報はInstagramで発信していく予定です。 Instagramを登録されている方は、是非「たかはしきもの工房…