どうして着物は左前ではなく右前なの?【きもの初心者必見】

「右身ごろが前なのが右前では?」と思ったことありませんか? こんにちは。きもの初心者&2年目の佐藤です。 初めて着付けを教えていただいた際、着物は「右前」で着るデザインだと知りました。 …

季節の変わり目を感じる匂い【5分間スピーチ】

5分間スピーチとは? スピーチ者 検品 藤原 今日の職場の教養の中の、「季節の移り変わりを感じる」に関連してお話しします。 一般的に、季節の移り変わりを感じるものを挙げると、気温の変化や草花の種類と天気、昆虫などが出てくる種類などでも感じることがあると思います。 しかし、私が一番最初に季節の移り変わりを感じると思ったのは、匂いでした。 みなさんは、特定の匂いを嗅いで、「あっ!この季節になったんだな」と感じることってありますか? 聞いておきながらなのですが、私が季節ごとに毎回匂いを感じるわけではありません。 春と夏は特に、「この季節になったんだな」という匂いは正直そんなに無いです。 ただ、秋はちょっと涼しくなって、やっと夏が終わって過ごしやすい季節になってくるのもあって結構好きな季節です。そのためか、ふとした瞬間に香ってきた匂いを嗅いで、「あぁ、もうこんな季節になったんだな」というのを感じます。 秋であれば、枯葉や木を燃やした後のような、焦げた匂いを感じます。また、物悲しいような匂いです。 冬であれば、冷凍庫の匂いのようなちょっと冷たく澄んだ感じの匂いを感じます。 普段、感じていた季節の匂いを改めて何だろうと思い調べてみました。 季節の匂いというのは、大まかにくくると自然環境が発する匂いだそうです。そして、季節の匂いを感じるのは、すごく個人差があるようでした。 なぜ、個人差があるのかと思って、さらに調べてみました。すると、大きく分けて2つありました。 すごく匂いを感じやすい人というのは、感情が動きやすくて繊細な人。もう一つが、嗅覚がすごく鋭い人だそうです。 そこで、「あれ?私はあんまり当てはまらないかも」と思ったんです。 さらにネット上で探していたら、「日本官能評価学会」から「においに対する感受性と年齢及び食嗜好との関係」というものが発表されているのを発見しました。 それによると、匂いに対する感受性は、単に嗅覚器官の感受性に依存するものでは無いこと。 私たちの体験や経験、あるいは訓練や学習が関与することで決定される思考や識別能力と密接な関係にあることを示すと書いてありました。 これを読んで、私が好きな秋と冬の匂いを思い浮かべて、ハッとしたんです。 というのも、秋の匂いで挙げた焦げた匂いというのは、保育園で行った焼き芋パーティーで嗅いだ匂いなんです。 当時は、保育園の園庭で、実際に焚き火を起こして、お芋をつっこんで焼いて食べていたんです。その時の匂いだったと思うのですが、そこに加えて何かもの悲しい匂いというのは、その焼き芋をぺろりとたいらげた私の気持ちなんです(笑) さらに、冬の冷凍庫の匂いというのは、小学生の頃、スーパーのアイスコーナーに直行しては、アイスが入っている什器の中に顔を突っ込んで、その中の冷気を自分に補給していたということがありました。 これに関しては、臭いよりもその冷気が鼻を通って肺に行く感覚がすごく好きだったような気がします。今思うと、ちょっと変わった子ですかね(笑) 過去の記憶や体験から、今までうまく説明することができなかった季節の匂いについて、「日本官能評価学会」の発表を読めたおかげで、私が説明ができるようになったことが、いい勉強になったなと思いました。 5分間スピーチシリーズは下記リンクバナーから一覧をご覧になれます。 更新情報はInstagramで発信していく予定です。 Instagramを登録されている方は、是非「たかはしきもの工房…
,

「くり越しをしっかりとればえもんが抜ける」は大間違い

えもんを抜くのは「引く力」 今回はとってもマニアックなお話です。 着物を着ている方のお悩みで一番多いのが「えもんが抜けない」ということではないでしょうか? ちゃんと抜いて着たはずなのに、いつの間にか詰まってしまう。 そんなとき、「くり越しを多めにとれば、えもんが抜ける」と言われたことはないでしょうか。 全く間違いとは言えないのですが、実はくり越しを多めにとる=えもんが抜けるということではないのです。 えもんが抜けない大きな原因はくり越しではありません。 くり越しってなに? そもそもくり越しとはなんでしょうか? 着物は再生しやすいように、ハサミをいれる部分は最低限で済ませています。身頃は前身頃と後ろ身頃が繋がっていて、肩に縫い目はありません。 襟の部分は「衿肩あき」という切れ込みが入っています。「衿肩あき」は身頃をまっぷたつに折ったところに入っています。 これを肩の真ん中の線に持ってこないで、うしろにずらす分が「くり越し」なんです。 うしろにずらすと、当然裾は後ろが長くなります。なので、腰の部分で後ろにずらした分を摘んで縫って、前と後ろの裾の長さを合わせます。 なぜそんな面倒なことをするかというと、着物は解いてまた縫い直すことが前提だからです。前身頃と後ろ身頃を入れ替えたり、裏返したりすることができるよう、衿肩あきは真ん中にするのです。本当によく考えられている、もったいない文化の最たるものですね。 身丈が短いものなどに関しては、この摘んで縫う部分があるともったいないので最初からくり越しの分を勘案して、衿肩あきを後ろにずらして切ってしまうこともあります。東北では「切りくり越し」という言い方をしますが、それは本当に特殊な例で、通常は真ん中に切れ込みを入れて前後左右を同じにすることで、いろいろなくりまわしができるようにするのです。 そのずらした分「くり越し」はよく昔は5分(約2センチ弱)といいましたが、最近は7〜8分(約2.6〜3センチ)ぐらいが多いでしょうか。多い方は一寸(約3.8センチ)という方もいらっしゃいます。このくり越しをたくさんとるとえもんが抜けるという説ですが、そういうわけではないのです。 えもんが抜けない、えもんが詰まる原因は、生地の重さのバランスが違うからと考えられます。 きものを羽織っただけの状態で、ジャンプをしてみてください。それだけで、えもんは詰まって前に行きます。なぜでしょうか。答えは「きものは前のほうが生地の分量が多くて重いから」です。おくみもついているし、衿もついている。重い方にひっぱられるのが当然なのです。 なので、えもんを抜こうと思ったら、しっかりと引く力と摩擦力を使って前身頃の重さに負けないだけの力をかける意識をしなくてはだめなのです。 たかはしの幅の広いえもん抜きはそれを考えた形なのです。 えもんが綺麗に抜けている人は、紐で縛ってえもんを止めているわけではないのです。必ず後ろにきちんと「引く力」をかけているし、前も「持ち上げる」という方もいらっしゃいますよね。この「布にかける力」を意識して行うだけで、劇的に着付けは変わります。そして紐は「引く力を止めるために」あてているということを理解して欲しいのです。 くり越しはお好みです!

 極端な話、くり越しをとらなくてもえもんは抜けます。 くり越しが少なめであれば肩線がうしろにぐっとずれます。肩線が肩のまんなかにあると、袖は袖山の線がまっすぐ張るため、裄が短く見えますし、肩が張って見えます。 肩線がうしろにずれると、袖山が立たずに裄が長めに見えますし、はんなりとしたラインになります。 そういう女将自身はくり越しを多めにとっています。 その理由はえもんを抜くと後ろのおはしょりのところのぶかぶかがほとんどなくなるからという理由です。でも肩線はあまり後ろにいかないので、はんなりしたラインは出ません。 はんなりとした見た目をとるか、おはしょりの処理の楽さをとるか。 どちらにするかということが、くり越しを決めるポイントとなってきます。 着物をお仕立てなさるときに、ぜひ参考にしていただければと思います。 えもんが抜けるのは、くり越しが多くとってあるからじゃない! 後ろ身頃にいかに下に引く力をかけるかなのです。 たかはしのえもん抜きやうそつき衿はその引く力を考えて作ってあるのです。こちらも一度お試しいただきたいアイテムです。宣伝になってしまいましたが、女将がこのくり越しについて熱く語っている動画はこちらです。 【超マニアック! 「えもん」と「くり越し」は関係ない!】たかはしきもの工房「ズボラ女将の和装の常識を斬る!」 とてもマニアックなお話ですが、よろしかったらご覧ください! 日常着物をもっと楽に、たのしく、かんたんに。ズボラ女将の日常着物術、これからもお楽しみに! 紹介した商品はこちらから たかはし式…

お太鼓って、角が丸いとか高さを出したいとか、どれがいいの?【きもの初心者必見】

こんにちは。きもの初心者の小野寺です^^ 夏の時期に浴衣に慣れすぎて、この間きものを久しぶりに着てみたら、着付けをポイントポイントで忘れてしまっておりました(x_x) お太鼓も上手く結べず、とりあえず結んで会社で直してもらいました^^; 着方を忘れないように、定期的に着ることが大事ですね… その苦戦したお太鼓について、今回私が調べたのは、 「お太鼓って、角が丸いとか、高さを出したいとか、どれがいいの?」 です\\\\٩(…
,

2022年1月20日(木)〜1月24日(月) 2022 新春顔見世

期間:2022年1月20日(木)〜1月24日(月)の5日間 場所:ヤマノホールディングス店外催事(日本橋プラザ 東京都中央区日本橋2丁目3-4) 時間:10:00〜18:00(最終日のみ10:00〜17:00) 全日…
,

2022年1月19日(水)〜1月24日(月) カジュアルきもの市

期間:2022年1月19日(水)〜1月24日(月)の6日間 場所:松屋銀座(東京都中央区銀座3丁目6-1 8階イベントスペースA会場) 時間:10:00〜20:00 (23日 10:00〜19:30、24日 10:00〜17:00) 全日、当…