令和2年6月

きものであっても襦袢であっても、本当は自分で洗いたい。もしくはお手入れ代がもう少し安いと嬉しい、私でも思うことです。

 

肌着に防水機能を付けたのも、そんなことばかり考えていたことがきっかけです。

きものって着たいけど、ハードルが高すぎるんですよねっていう方を減らしたいといつも思っています。

 

そんな中でもう5年ほど前から弊社では白いダイレクトワッフルのいしき当てを使用しています。

ダイレクトワッフルというとわかりにくいですが、いわゆるリップルなどと呼ばれていたサッカー生地、ポコポコとした織りの生地のことを言います。この生地の涼しさと言ったら素晴らしいです。弊社ではロング活動着という商品を発売していますが、しっかりした厚地の綿と、暑い時用にダイレクトワッフルで作っているのです。

これを着てみて、その涼しさ、爽やかさに感心し、そして『いしき当てにしたらどうだろう!』と思いついたのです。

 

始めは綿や麻、浴衣だけでしたが、お客様に聞いてそちらでいいと言われれば、絹にもそうしています。私はと言えば、もうすべてダイレクトワッフルです。

ええ~っ!そんなの嫌です、絹には絹、綿には綿、麻には麻と思っているお客様もお店も多いはずです。ですが、いしき当てというものの意味をよく分析してみたら、絹でなくても果たされる効果、けっこうあったんです。

 

なぜ私は絹にもダイレクトワッフルを付けているかと言えば、つまりは着物の生地を守るため、糸のスリップもそうですし汚れについてもそうです。

いしきを貼ることでずいぶんときものを守っているのです。それは麻でも綿でも同じことですが、ダイレクトワッフルの良さは

 

『肌触りが清々しい』…張り付くことは絶対にありません。接触冷感を感じます。

『収縮しにくい』…相当な数を水通ししています。ですが、それほど縮まないのです。だから後から寸法がくるうことがありません。

『安価』…コスパはとてもいいです。絹のいしきの3分の1ほどです。

 

それでも絹につけるのは抵抗があるという方、きっといると思います。

ですが、一つだけ、ダイレクトワッフルの方がとても優れていることがあります。

 

それは寸法がくるわないということです。

 

絹はどうしても収縮することがあります。

私は単衣であれば絹のきものも自分で洗うことがありますので、あとからくるうことが嫌なのです。だからワッフルを好んで付けています。ただ、絹の光沢感には絶対叶わないので、第一礼装であれば、私も絹を付けるかもしれませんね。

 

それぞれに良さがあり、あくまでお好みですが、選択肢は色々あった方がいいかと思います。最近注文が増えてきました、ちょっと嬉しいです。