きものをやさしく、
たのしく、おもしろく

気仙沼の小さな悉皆屋が「たかはしきもの工房」の始まりでした。

悉皆屋——手入れや染め替えなど、きものが現役で活躍するために、あるいは再生するためのお手伝いをする仕事です。しみ抜き、汚れ落としなど、きものの手入れを知り尽くしている悉皆屋が、その汚れを防ぐためのきものの肌着を作りました。

「きものを やさしく たのしく おもしろく」をスローガンに、着る人に寄り添うもの作りと、地元との共生を企業理念として、たかはしきもの工房は歩んでいます。

オリジナル商品

たかはしきもの工房の肌着の大きな特長は、上質な素材、機能、国内縫製、サイズの豊富さです。

天然繊維にこだわりつつ、それ以上に吸汗性や発汗性に着目した機能重視の素材選び。機能は素材だけはなく、かたちや使い勝手でも考慮されています。

特に、きものを着る上での“補整”を重視するたかはしきもの工房は、あらゆる体型やお悩みに対応することに心を砕き、サイズの豊富さとともに、系統立てた補整グッズを開発しています。

たかはしのもの作り

たかはしきもの工房の商品は決して安くありません。

女性の肌に直接触れる肌着だから、素材と縫製とパターンには徹底的にこだわります。もちろん機能にも。多いときは10回を数える試作を繰り返し、かつ複数のモニタリングを必ず行います。その徹底した姿勢が貫けるのは、自社縫製工場を持っているから。数ミリの修正をすぐに行えるのです。

他社にはないユニークなオリジナル商品は、着る人の基準で作られています。

お知らせ