,

もう着くずれも怖くない!男女別着物の着くずれの直し方

着物は意外と着くずれない!でももし着くずれたときは? 着物を着た時、着くずれないように所作に気をつけるとか、動かないようにいっぱい紐を使う、とかいろいろ気にしている方も多いと思います。 でも。着物を着てずっと動かないでいるわけにもいきませんよね。動けばどんなに気をつけていても多少は着崩れるもの。でも、そんな時に直し方を知っていれば、恐れることはありません。 たかはしきもの工房では女将をはじめ、スタッフもアドバイザーも着物姿でばんばん働きます。走ります。段ボールも運びます。バッティングセンターにも行っちゃいます。 そんな風にがしゃがしゃ動くことは普通はないかとは思いますが、そんなに動けばやっぱり着物も動いてくずれてしまいますが、着たままで直すことができます。 今回は女性と男性、両方の着くずれの直し方をご紹介します! 今回は敢えて着くずれよう!ということでなんと大胆にラジオ体操を行った女将(女着物代表)とYoutubeのつっこみ担当でおなじみ齋藤(男着物代表)。 腕を大きく上げたり回したり、もっとぐちゃぐちゃになるかな?と思ったのですが、思ったほど大変なことにはなっていませんね。でも、手を上にあげることで、襦袢や着物の生地が帯の上にずり上がって上半身がぶかぶかになっています。そこを直して行く手順をご説明いたします。 女着物の着くずれの直し方 着くずれポイントとしては、上半身に生地がずりあがって、衿とえもんがぶかぶかになり、おはしょりも消えかけています。ひとつひとつ問題解決していきましょう。 まずは襦袢の襟元から直すため、一度着物をめくって襦袢の襟先を下前と上前それぞれひいて胸元を整え、背中に手をまわしてえもんを下に引きます。これで、襦袢の浮きは直ります。 次に着物の浮きを直すには、おはしょりを下に引きます。まず前のおはしょりを引いて整えます。 おはしょりの右手の輪に親指を入れてぐっと衿を引き、体のサイドのおはしょりも整えます。 最後に後ろのおはしょり(お太鼓だとたれの下になっています)をつかんで下にひいて出来上がり。もし帯の位置も上にあがっていたら、上からぐっと親指を入れて下に下ろすか。下線を持って下げてください。   男着物の着くずれの場合 男性の着物の場合も同じように上半身に生地がずり上がり、対丈なので裾も開きがちになってしまいます。 着物をめくって、襦袢の衿先(上前、下前)を斜め下に引き下ろして胸元の浮きを整えます。 次に着物の浮きは帯の下を持って、下前、上前の順にじわじわと引き下げます。 上前の衿は、真下に引いてしまうと裾が開いてしまうので、横に引きます。後ろ側にきゅっと引くと、裾も整います。 お腹の出っ張りがいい感じの人はずれませんが、痩せていると帯もずり上がりがち。骨盤の位置までしっかり指を入れて下げましょう。鼠蹊部のところまで下げるとかっこいいです! いかがでしょうか。ポイントさえ押さえておけばたとえ着くずれたとしても、直せばよいので気が楽ですね。 着物をめくって襦袢を引き下げる動作は、さすがに人前ではちょっとなので、トイレに入ったときや、物陰で。それも含めて、堂々とでも恥じらいつつ(笑)お直しをしている動画はこちらです。 【男女別 着崩れた時の直し方】たかはしきもの工房「ズボラ女将の和装の常識を斬る!」 着物のハードルが下がること間違いなしです! 日常着物をもっと楽に、たのしく、かんたんに。ズボラ女将の日常着物術、これからもお楽しみに! 更新情報はInstagramで発信していく予定です。 Instagramを登録されている方は、是非「たかはしきもの工房…

一夜限り咲く花【5分間スピーチ】

5分間スピーチとは? スピーチ者 工場 小野寺(佳) みなさん、多分ここで私が一夜限りの話はこんなのがありますよと言うと思っているかもしれません。残念ですが、私はちょっと違う話をします。   最近、斎藤一人さんの講話を車の中でよく聞いています。 その中で、なるほどなと思ったお話で、「蓮の花の修行」というお話をみなさんに共有したいと思います。   一人さんは話すと優しく話される方なのですが、私が話すとちょっとぶっきらぼうに聞こえるかもしれませんが、少し我慢して聞いてもらえたらと思います。   「蓮の花の修行」の話をします。   こういう人がいます。 私、一人さんの本を読むことで「天国言葉」を言うようになったんです。ところが会社に行くと周りが否定的な「地獄言葉」ばかり言っていて嫌になっちゃうんです。 という人がいるんです。   人間って魂のステージが上がってくると、あなたに与えられる修行があるんだよ。その修行が「蓮の花の修行」なんだ。 蓮の花って何ですかっていうと、泥だらけの中から出てきているのに花に泥が付いていないんです。それで見事にきれいに咲きますよね。 蓮の花は泥から、みんなが汚いと言っている泥から、栄養を取っているんです。それで見事に咲いているんです。   会社の人間がどんなに否定的なことを言おうが、何をしようが、あなただけは汚れることなく穢れることなく「天国言葉」を言い続ければ良いのです。 修行の「行」は行くと書きます。ただただ、行けば良いのです。言って言い続ければ良いのです。   蓮の根である蓮根、食べたことありますよね?天ぷらとかいろいろ。 蓮根は連なる根っこなので、連なっているよっていう意味なのです。根は連なっているから、魂ってみんな繋がっているんです。 だから自分が一人でも「天国言葉」をずっと言っていれば、いつか一人二人三人って増えてくるのです。   このような修行にすでに入っているのだから、あの人がああだとか、この人からああ言われたとか言っていないで、ともかく自分だけでも「天国言葉」を言い続けること。これが蓮の花の修行なのです。   もうあなたは蓮の花の修行に入ったのだから、言い続けるしかないよ。蓮の花の修行って、観音様の修行です。観音様は蓮の花を持っていますよね。蓮の花を持っているということは、どんな人の気持ちの中にも「真我」という穢れのないものがありますよっていうことなのです。   あなたには「蓮の花の修行」が来たんだから、自分が花として生きれば良いのです。その花として一生懸命生きていると、根が繋がっているからちゃんと次次って出てきます。今週、一生懸命やっても誰も出てこないこともあるのです。そうならば、また来週とやれば良いのです。そんなに急ぐことはないのです。魂が無限に繋がっていますから。ただ、自分に修行が来たのだなということですね。   一人さんはもっと優しい口調で話されているので、気になる人はYouTubeで「斎藤一人」さんを調べるといろんなお話があるので調べてみてください。   私がなぜよく聞いているのかというと、自分の中でどうしても整理できない感情や事象などについて、本を何度読んでもなかなか入ってこないことがあります。 でも、一人さんが優しく丁寧に話されるので、自分の中にスッと入ってくるように思えます。   たまに何を言っているのか一度では分からない話もありますが、何度も話を聞いていくうちに、「なるほど!ああ、そっか。そういう風に考えることもできるんだ」と、すごく勉強になっています。 何か迷っていることなどある方は、ぜひ斎藤一人さんをYouTubeで調べて聞いてみてはいかがでしょうか。   ※天国言葉と地獄言葉について 言霊と言われるように言葉には力が宿っているという考えから、自分も相手も幸せになる天国言葉と自分も周りも悪くする地獄言葉があるというもの。 天国言葉は、「愛してます」「ついてる」「うれしい」「楽しい」「感謝してます」「しあわせ」「ありがとう」「ゆるします」など。 地獄言葉は、「ついていない」「不平・不満」「愚痴・泣き言」「悪口・文句」「心配ごと」「ゆるせない」などの負の感情がつまった言葉。 5分間スピーチシリーズは下記リンクバナーから一覧をご覧になれます。 更新情報はInstagramで発信していく予定です。 Instagramを登録されている方は、是非「たかはしきもの工房…

あきらめなくて良かった!きものが苦しいのは着付けの問題でした【きもの初心者必見】

「きものって、着ると苦しいじゃないですか。」 と、以前の私は思っていました。 たかはし新人&きもの初心者の佐藤めぐみです。   もし社長と出会うことがなかったら、きっと私はきものを着ることをあきらめていたかもしれません。 なぜなら、私のきものとの最初の出会いはあまり好ましいものではなかったからです。 ※詳しい内容は「きもの初心者からフネさんへの道(その1:最悪な出会い編)」   はじめて”たかはし流”の着付けをしていただいた時、 「腰紐、一本で済むの?(驚)」 「着ていて苦しくないし、着崩れない(嬉)」 と体感できたことで、「きもの=苦しい」は着付けの問題であるということを知ることができました。   かつての私が、なぜきものを苦しいと感じるに至ってしまったのか、きものを苦しいと感じた原因を探ってみることにしました。 帯や紐できつく締めつけてしまう理由は? Google先生に「着物 苦しい なぜ」と聞いたところ、次のような検索結果が出てきました。   下記、検索結果より引用です。 着物を着たときに苦しいと感じる一番の原因は、帯や紐での締めつけによるもの。   まぁ、これは聞くまでもなくかもしれません(汗) きものを着るために、帯や紐は必須のものですので、当たり前ですが締めないわけにはいかないわけです。   では、なぜきつく締めつけてしまうのかというと、着崩れしないようにするため。   普段からきものを着る人でなくとも、紐が緩ければ着崩れするのは明白かと思います。 しかし、紐をきつく締めれば着崩れしないとは限らないのです。   私も”たかはし流”の着付けを知るまでは、着崩れないようにするためには紐をきつく締めないとダメなんだと思っていたので、きものは苦しいのが当たり前なんだと思っていました。   着崩れをせずきれいに、苦しくなくラクにきものを着ていられるにはどのようにすればよいのでしょう?   着崩れの大きな原因は3つ。 1)補整がきちんとできていないこと 2)腰紐がしっかりと結ばれていないこと 3)歩き方など所作が大きすぎること 上記のうち、1と2について次にご紹介いたします。   きものをラクに着るには「補整」と「布のチカラ」 きものを着るのに補整が大事であることは、以前新人ブログにもご紹介しているため詳しい内容はこちらの記事を参照ください。 きものを着るとき、なんで補整って大事なの?【きもの初心者必見】   補整をしっかり行うと、体の凹凸が少なくなります。 それによって、きものが体に沿いやすくなり、きれいに着れるわけです。   補整した後、じゅばんやきものを着ていくわけですが、それぞれの着付けの仕方には触れず、ここでは腰紐に限定してお伝えしていきます。   腰紐をきつく締めずにどのようにしてきものを留めるのか。 それは、布のチカラ・摩擦力を利用する方法です。   紐の面をゆるみがないようにきものに当てて結びます。 布同士の摩擦力により、締め付け過ぎることなくきものを留めることができます。   詳しい内容については、きれいに着られて、苦しくない、その上すっきり、ほっそり。 いいこと尽くめの「補整」術はこちらの本をご覧ください。 「たかはしきもの工房」髙橋和江さんの十人十色の「補整」術   そして、帯を結ぶ際には、 【名古屋帯】最良の一重太鼓の結び方    一日中着崩れない半幅帯の結び方   を参考にしていただくことで、苦しくなくラクにきものを楽しめる着付けができるようになります。   たかはしでお伝えしている内容以外にも着付けの方法はさまざまありますので、ご自身でよりきものを楽しめる方法を自由に選んでいただければと思います。   今回も、最後までお読みいただきありがとうございました。また次回の記事でお会いできるのを楽しみにしております。   紹介した商品 高橋和江さんの十人十色の「補整」術 ¥1,760(税込)   新人がびっくりしたことシリーズは下記リンクバナーから一覧をご覧になれます。 更新情報はInstagramで発信していく予定です。 Instagramを登録されている方は、是非「たかはしきもの工房…

令和3年7月

 昨年は、ほぼすべてのお祭りが中止されましたね。 さぁ、みなさんの町で今年はお祭りが開催されるのでしょうか、今一番の関心事です。  気仙沼は「気仙沼みなとま…

早めの行動【5分間スピーチ】

5分間スピーチとは? スピーチ者 板橋 たかはしでお世話になり、1か月が過ぎました。 思いがけず、朝の会で、お一人お一人のお話を聞かせて頂き、「そうか」「なるほど」「そうそう」と、楽しく新鮮な思いでその日が始まります。 本日、いざ自分の番となりましたが、なかなかの不安とプレッシャーで、準備時間が不足していたことをとても後悔しています。 私は、長年50分、90分の授業が仕事でしたので、5分間スピーチは楽勝と思っていた節もあり、タイムリミットが迫った昨夜、内容の構築を始め、「早めの行動」というテーマにぎくりとしました。 結局、食後の食器はそのまま、風呂は速攻、話しかけてくる夫と喧嘩し、いつも楽しくお話を聞かせていただいていたのに...  私は、イライラしながらまとまりのないお話を仕上げることになってしまいました。 文中の「日ごろから早めの行動を意識し、時間と気持ちにゆとりをもって行動を」という言葉が身に染みています。 以前の職場でも、社会人のルールとして、期日を厳守すること、自分の行動・時間をコントロールすることは重視していました。 各人の仕事のやり方や状況で、一概にはいいとも悪いとも言えないこともありましたが、常にそれができている職員は、とてもスマートに仕事をこなし、高評価でした。 ある時その高評価の職員から、「私は、自信がなく不安だから早めに取り掛かるんです。」と相談されました。 仕事を任されるという責任は、少なからず不安や緊張が伴います。それが解消されることにより弛緩し、リラックスします。 緊張と弛緩が繰り返され成長していくといわれますが、過度な不安や緊張は、自律神経を乱し生体のバランスを崩します。ベストな判断力、集中力、パフォーマンスが発揮できない状態になります。 早期に行動することは、自分のコンディションをコントロールすることに繋がり、時間と心にゆとりが生まれることで、自分自身が納得できるパフォーマンスが発揮できる。 ああ、だからこの職員は信頼できる仕事ができるんだと納得しました。 恥ずかしながら、今の私は、ギリギリに慌てて取り掛かり、急激に自律神経を乱した不健康極まりない状態です。 スピーチにあたり、あの頃を振り返り、まだまだ修行が足りないと反省しきりです。 今は亡きアップル社のスティーブ・ジョブス氏は、新製品発表のプレゼンテーションを行う際、何週間も前から自社製品の機能や技術について調べ、僅か5分のスピーチでも、その準備に部下と数百時間を費やし、リハーサルにまる2日間使ったといわれます。 聴衆を引き付け、熱狂させる天才と思わせる卓越した彼の語りのうまさは、周到な準備と、練習量、その努力に裏打ちされたものだと聞きます。 巨額な結果を生む彼の世界とは次元の違う話ですが、凡人の私は尚更、準備と確認、練習に余裕をもって取り組み、こころも身体も健康に自分自身が納得できるパフォーマンスを課題としたいと思います。 5分間スピーチシリーズは下記リンクバナーから一覧をご覧になれます。 更新情報はInstagramで発信していく予定です。 Instagramを登録されている方は、是非「たかはしきもの工房…

なんで"お太鼓"って言うの?【きもの初心者必見】

こんにちは!きもの初心者・たかはし2年目へと突入した渡部です。 新社屋に引っ越しをして、早いもので2カ月が経とうとしています・・ 改めて目にする商品の多さにビックリしΣ(・□・;)、キチンと片付けが出来ない事を女将に怒られ(苦笑)、今まで数歩行けば手にできた商品を、少し離れた倉庫にダッシュで取りに行く!!なんて毎日を過ごしていたら、あっという間に過ぎていきました。 最近やっと少しずつ落ち着きを取り戻し、周りの木々や鳥の声に癒されながら「いい場所だなぁ~(*´ω`)」と山風に吹かれる日を送るようになりました。 皆さんにも是非!!お越しいただきたいです! ほんっとに気持ちの良い場所ですから♪ さてさて本題に入りますと、今回の私のお題は「お太鼓」についてです。 毎度毎度、惜しみなく恥をさらしておりますが(;^ω^) このお仕事をするまで、『お太鼓』という呼び名を知りませんでした(*ノωノ) 入社して先輩方が「今日のお太鼓はいつもより小さかったわぁ」とか「ちょっとお太鼓グズグズ・・」なんて会話を耳にすると、「・・・オタイコ・・?」「ドコ??」ってな感じでした(;^ω^) 『着物』と結びつかないような『お太鼓』なるもの。 一体いつからそう呼ばれ、なぜその呼び名なのでしょうか? 意外にも「お太鼓」の歴史は浅かった 分からない事は、とりあえず「ググる」!←どうやらこの言葉も最近あまり使わないようですが(笑)(…