,

にんのお気に入り

/ja/wp-content/uploads/2020/01/20070824.jpg
2007年8月24日

猫

これ、なんだかわかります?

私の帯締めをしまっている箱なのですが、ここ、飼い猫の「にん」のお気に入りになっちゃって困っています(^^;)

私もつい開けっ放しにしちゃうからいけないんだけど、

こんなグチャグチャにしちゃって、あ~あ

お前 いくら の上に乗ってるかわかっているの!?

,

浴衣でビアガーデン!!2007

2007年8月9日

浴衣

昨夜、残念なことに雨で『ガーデン』ではなかったものの参加者も多く、会場であるアーバンさんのビアガーデンも大盛況!

ただ、浴衣を着て来てビールを飲む、それだけのことなのになんでこんなに楽しいんでしょう~(^^)

……と誰かが言ったわけではないが 、きっと誰もがそう思っていたと確信するほど、み~んなニコニコ(o^^o)

それと同じようにニコニコして見ている他のお客様や、いぶかしげに眺めるお客様など反応は色々。

そりゃ、そうだね。

全員で浴衣を着て居るんだもの!

雨も上がって今度は外で記念撮影。

この写真は私のデジカメだけど、実は参加者に写真屋さんがいてずいぶん写真を撮ってくれた(^^)ちょっとラッキー!

ただ、あんまり楽しすぎてうちのスタッフは二日酔いで早退。
私も社長の手前、具合の悪い顔は出来ないから普通にしているけどホントは私も帰って寝たい気分(^^;)

お祭りの疲れも取れないうちに……

へへ……、まったく自分の体をわかっちゃいないというか。

こういうのを『おだずもっこ』と言うんだね、この辺じゃ(^^;)

,

みなとまつり浴衣・考 

2007年8月7日

花火 

お天気にも恵まれ、気仙沼のみなとまつりも例年の人出はあったようでまずまずだったみたい。

私も前夜祭のはまらいんや踊りやらダンス発表やらと まあよく体を使ったお祭りだった。

ということで

ゆっくり浴衣のお嬢さんたちを眺めている時間も少なかったのだけど、今年はあか抜けた柄行がずいぶんと増えたように思う。

しっかりとした自分の好みがあり『私はこういうのが着たいの!』とばかり、買っていただくなり自分で買うなりしてお下がりや家にあるものではない浴衣を着て歩く人が増えたということ。

もっとも楽天でも、和装のランキングはずら~っと浴衣だもの~。

これはとっても良い傾向ですね(o^^o)

独自のおしゃれをしないと着物は楽しくなんかならない。

それと大事な大事な『着姿』
ここよ、問題は!!

浴衣を新調したら次は帯を合わせてね。
着物ブラジャーと補正で体を整えて、それから着てちょうだいね(^^)

何度も言ってるけど『たかが浴衣されど浴衣』である。

浴衣は体の凸凹がくっきりわかる。
着付けは簡単そうだけど、ナチュラルにステキに着こなすのはけっこう大変。

美容院でキレイに着ても、それはキレイかも知れないけどステキとは違う。

そこんとこよろしく(o^^o)

明日は当店主催の『浴衣で ビアガーデン』
ステキな着姿がたくさん見られると良いな~!

 

※写真はイメージです
,

ジェネレーションギャップ

2007年7月28日

キャミ 

とあるショップの人気商品『インナーキャミ』
楽天内の和装肌着部門のランキングを見ていて、たまたま見つけた。

和装部門には似つかわしくない雰囲気につられ、思わず開いて見てみた。

……確かにかわいいのだが

 ……       ……

商品説明を読んで強烈にジェネレーションギャップを感じてしまった。

       

せっかくお洒落するんだもん・・・下着だってこだわりたいっ♪
浴衣下のスリップより可愛らしく\(^o^)/
重ね着でそのままお出かけもOKなインナーキャミ!

そのまま着て美容院へ・・・GO!
キャミやレースボレロなどと組み合わせれば、夏スタイル♪
そして、そのまま浴衣の下着として大活躍!
さらに、浴衣を脱いでからもそのまま帰れちゃう(^o^)v

レース部分・二連のストラップ部分などディテールにこだわってるからこそ、
“誰かに見せたい♪”

 ……なんで脱いで帰らなくちゃいけないの……   

  ……今の商売は出来ないかも……

※写真はイメージです
,

お茶会

2007年6月10日

お茶会
たまにはこういうのもアップしようかな~。

とりあえずお茶のお稽古をしている者としては、お茶会に呼ばれるということがお楽しみ~、というわけで。

本日は母の喜寿をお祝いしてくれるというお茶会でして、あまりにみごとな棚飾りに思わずパシャ。

お行儀が悪くてすいません(^^;)

即中斎お好みの蓬莱卓に、而妙斎箱書、辻石斎造の大棗『芽張り柳蒔絵』や、『洗心』という名の尋牛斎箱書、小峠丹山造の朱黒楽、十三代味楽造の建水、この写真では御仕覆に包まれているから見えないけど伊勢崎満造の備前の茶入れなど、まあキリがないほどの素晴らしいお道具にため息ばかり……。

実は私、『茶道』はずっと嫌いだった。

個人の最高贅沢な道楽だとどこかで思っていた。

それでも、炭のはぜる音、香り、釜の音などからなるあの茶室という空間に惹かれてただ続けていた。

だからちっとも上達もせず、だから中々好きにもなれず……。

でも最近はちょっと違う。

茶道は、砂浜の中の砂一粒である自分に出会う旅のような気がしてきた。

きゃ~ 今日はちょっとシリアスねえ…… あはは(o^^o)

,

着付け教室納会

2007年5月20日

着付け教室

4月から6回のレッスンを終えて、今日は着物を着てのお食事会。

高校生が2人入っていたから  はなしだけど、凄く盛り上がって、毎月やろうっていう話も(o^^o)

私などは比較的着る機会が多いから、あまり感じていない部分で他の皆さんは楽しかったようで

お店から5分ほどの場所にあるお店に歩いて行ったが、6人の着物姿の女性が歩いているというだけで、みんなが振り返るんですよね~(o^^o)

それがちょっと刺激的で楽しい、ということらしい。

そして『苦しくない』ということと『たくさん食べられる』ということにいたく感激してくれていた。

私の着付け、それだけは自慢で1日着ていても疲れない。

但し、着物を着ていると意外に背筋と腹筋を使っているから、それに慣れるまでは疲れるかも知れないけど。

とっても女性の体に優しい作りになっている着物。

そしてうんと環境にも優しい。

何故って、とっても暖かくて暖房費がかからないから(^^)

もっともっと着てくれると嬉しいな~(o^^o)

※写真はイメージです