浴衣が似合わない…40代から浴衣を着るなら【きもの初心者必見】

ある夏、自撮りの浴衣姿を見て驚愕しました(@_@) こんにちは。たかはし二年目&きもの初心者の佐藤めぐみです。   たかはしで開催される数ある催事・イベントで、私が一番最初に参加したのが「ゆかたでビアガーデン」でした。ドレスコードが浴衣(夏きもの可)で、どなたでも参加できます。参加する際、ネット通販で浴衣セットを買ったのです。   久しぶりにその浴衣を着たら「まるで、バ○ボン」(@_@) 上半身のボリュームドーン!そして、明らかに似合っていない…。 ※浴衣姿の上半身 「ゆかたでビアガーデン」に参加されたマダムたちの浴衣姿は、とっても粋で素敵なので憧れちゃいます。自分も少しでも浴衣姿が素敵なマダムに近づきたい!(^^)!   ならば佐藤きもの初心者「40代&少しスラリ(※)」に似合う浴衣は何だ~?と、「浴衣…

太って見える着付けで再確認した紐の性質【きもの初心者必見】

たかはしに入社する何年も前から、たかはし製品を愛用していたきもの美人になりたい小野寺ペコ吉です。愛用していた、などというと、まるで着物を着慣れた人のようですが、なんのなんの。   反省はするが学習しない、という私の得意技で、何度、着物を着ようとも、今ひとつ着慣れた風情を醸し出せないまま年月ばかりが流れておりました。   それでもなんとか着物を着られているのは、やはり、かゆいところに手が届くたかはしの和装小物があったから。自社商品を誉めるのは手前みそではありますが、着付けのハードルをググッと下げてくれる相棒たちは、本当に手放せない存在なのです。   でも、なぜかうそつき衿が、ぶかぶかと浮いてしまう時があったり、腰回りがボコボコともたつきがちで、そもそものガッツリ体型が、輪をかけて相撲の関取が歩いているような着姿になることが多く、ずっと悩んでいました。 ※ちなみに気仙沼弁では、大きくぶかぶかの状態をガフガフになる、と言います。   「帯がうまくできなくてぇ〜(>_<)」とか、「朝バタバタしていてぇ〜((+_+))」とか、言い訳にも疲れ果てました。   そもそもの着付けがまったくなっていないのもありますが、それにしても衿のガフガフと、腰回りのどっしり感をなんとかしたいな〜と、常々、思っていたのです。 女将が伝授!美しい着姿の土台とは? 先日、たかはしで小袋帯の結び方講習会があった時のこと。 帯結び以前に、会場にあらわれた私の着姿が気になった女将が、見るに見かねて「いーから、いったん着物を脱いでみて」と、相撲取りペコ吉を救わんと、名乗り出てくれました。   ごっつぁんです。   一番の問題点は、私自身が気仙沼の豊かな大地に育まれて、だいぶ肥大化したことです(/ω\)   「そんなことはわかってるから!」と、事もなげに女将にかたづけられつつ、着付けがなってない原因をひとつひとつ丁寧に教えてもらいました!   ◎ペコ吉の着付け問題点…

よもや神?!日常きもの生活の強い味方【きもの初心者必見】

こんにちは!きもの初心者&たかはし2年目の渡部です。   新店舗に移転して早1年です!本当にあっと言う間・・(*´ω`) 新店舗で迎えた初めての冬。旧店舗では、ほうきで“ササッ”と掃いて片づけられた雪が、小高い丘の自然多い土地では勝手が違っていました(;´∀`) 多い時には週に3〜4日立て続けに朝イチの仕事が駐車場の雪かき!! もちろん着物です☆彡足元は草履からスノーブーツに履き替えて(笑) 私自身は雪国育ちなので、雪かき自体はなんの苦も感じないのですが、まさか着物で雪かきをする日が来るなんて。。思いもしませんでした♪   女将の推進する「着物を日常に!」とはまさにこの雪かきも入るのだろうな〜と思いながら、着物でも日常でなんでもできる!ことを自分の身をもっていろいろと経験できた冬でもありました。   さて、今回私がお題にするのは「活動着」についてです。 割烹着でもエプロンでもない謎の服「活動着」 忘れもしない入社の面接の際、たかはしのスタッフが割烹着でもない‥エプロンとも違う、「それはなんという服なのじゃ??」と思う服を羽織っていました。   後にそれが「活動着」と知るのは、入社後になる訳ですが。。見るからに暖かそうで、かつ動きやすそうなのが一目で分かる服でした。   そもそも「活動着」という言葉を知らず、一度Google先生にお尋ねした所、ありがたいことに弊社の「ロング活動着」などの画像が出てきました。   先輩に「活動着」について尋ねたところ、 先輩:「アレっ!?活動着って言わないの?ほら、作業する時のやつ・・」 私:「それは作業着です・・ね(;・∀・)」   ともあれ、その時の私にとっての「活動着」とは、 …

帯留めって、いつ、どう使うの?【きもの初心者必見】

こんにちは!2年目&きもの初心者の鷹木です。   私はいつも本社の倉庫で主に配送をするために沢山の商品を扱っておりますが、時々お店にも行って、お店にしかない商品やお店の和の雰囲気に癒されています。お店のO島店長とS子さんはナイスコンビで、素敵な着物姿で良きおもてなしをしてくれますから…(´艸`*)   お店の奥には着物や反物・帯等があり、入ってすぐのところに小物や雑貨達があります。そこで「わ~、かわいい!」「キレイ」「これ何だろう?ブローチみたいな感じだけれど、ちょっとの金具しか付いていない。」と思ってよく見ていたのが『帯留め』でした。   お客様や社員など、身近な着物姿の人を見ても、和洋様々、個性的な物を付けていたりいなかったり、いろんなパターンがあるようですが…付けている人を見ると可愛いので、私も欲しくなっちゃいます!   しかし、この『帯留め』、果たして何者なのか?着物に必ず必要な物なのか? まだまだ新人のきもの初心者な私が、疑問に思っていた『帯留め』を今回のテーマにしていきたいと思います! 帯留めとは? 帯留めとは、帯締めに通して使うきもの用アクセサリーでした!   帯締めや帯揚げは帯を固定するための着付けアイテムですが、帯留めはあくまでアクセサリーなので、無くても良いもの。季節に合った物を身に付けて季節感を楽しんでみたり、帯や着物の柄を引き立たせる小道具として楽しめるアイテムだそうです☆   帯留めを付ける時の帯締めには一般的には三分紐を使うようです。三部紐は、一般的な帯締めの幅が四分(約12mm)なのに対し、幅が三部(約9mm)と細く、長さも約1.2mと短めの帯締めです。   帯留め自体の金具部分も三部紐の幅に作られている物が多いようです。他にも、四分紐や五分紐等、三分紐以外の太さの帯締めでも付けられる金具をみつけたり、髪用の小さい輪ゴムを利用して、どんな帯締めにも自由に付けてOK!という事もあるようです!   では、帯留めはいつでもどこでも付けていいものなのでしょうか? 帯留めを使う時のTPOはある? 友人とのお食事やお出かけ等のカジュアルな場では、帯留めは自由に存分に楽しめるアクセサリーです。   一方、冠婚葬祭などフォーマルな場では判断が分かれるようですが、帯留めを付けるのを避けるのは喪服の時のようです。 逆に、結婚式などのお祝いの席には、装いに合わせてダイヤ、ルビー、サファイヤ、エメラルド、真珠など高級感のある帯留めを選ぶ楽しみ方もあるようでした。   その他に、お茶席では帯留めはNG。というのも、帯留めだけではなく、お茶席では茶器を傷つけないように、指輪・腕時計にいたるまでアクセサリーはつけないルールがあるためです。   きもの初心者な私にとっては、フォーマルな場はとても少ないので、日常着物を楽しむ分には、季節や好みに応じた楽しみ方ができるアイテムであることを確認できました。 …

無双?誰かをなぎ倒すのかな?【きもの初心者必見】

初めて「無双」って言葉を聞いた時のことを覚えていらっしゃいますか? こんにちは。きもの初心者&2年目の佐藤です。   実は佐藤きもの初心者、初めてたかはしでお買い物をした時、イチたかはし利用客だったのです。 そのため「着物のことはプロにおまかせしていれば安心♪」と、詳しい違いを尋ねることもなく「満点スリップ」と「うそつき衿」と「うそつき袖」をお買い上げ〜!(^^)!   だから、その時は知らなかったんです。 うそつき袖に、「単衣」と「無双」と「半無双」と違いがあることを(;'∀') 「無双」に人知れず驚いていた理由 初めて「無双」、「半無双」の存在を知ったのは、たかはしでお仕事をし始めて間もない頃。 お客様からのお問合せを電話対応していたTさんから、 Tさん:「そちらの商品ですと、無双と半無双がございまして…(以下、略)」   これを耳にして一瞬だけ思ったんです。 む、無双する…のか?(;・∀・)   無双するとは? 相手の勢力如何に左右されない圧倒的な力を発揮するさま、誰に阻止されることもなく縦横無尽に、あるいは傍若無人に振る舞うさま、などの意味で用いられる俗な表現。 引用:無双する Weblio辞書…

半衿付けの極意!?バイアスとは、なんぞや【きもの初心者必見】

県外から気仙沼に移住して、たかはしきもの工房に入社いたしました新人&きもの美人になりたい小野寺ペコ吉です。   まず驚いたことは、気仙沼で「小野寺です」と言っても、まったく新鮮味がないことでした。   以前、住んでいたエリアで小野寺は我が家ただ一軒。番地の記入なしでも確実に郵便物が届くレア苗字だったのです。 ところが、気仙沼に移住して、市役所で名乗っても、病院で名乗っても、「あら、珍しい苗字」とはなりません。   入社して最初の朝礼で従業員の皆さんの自己紹介を聞いて、さらにびっくり。 小野寺につぐ小野寺。小野寺の山盛り。小野寺フェス。 気仙沼で一番多い苗字とまで言われているのが小野寺なのだそうです。   小野寺被りを避ける意味でも、あえてペコ吉と名乗らせていただきたい私が驚いたことというか、あらためて勉強になったことは、「バイアス」の意味です。 知っているようで、ちゃんと知らないカタカナ語 着物で出社をめざし、ちゃんと半衿付けしなくっちゃ、と思い立った前夜。   で、半衿付けって、どうやるんだっけ?(@_@) と今さらながら、あやふやな記憶しかない自分に驚愕しつつ、なにはともあれ、女将のYouTubeで、サクッと検索しました!   たすけて、女将~!((+_+)) ▼「まち針を使わない! 簡単半衿縫い付け術」 いつ見ても愉快なたかはしきもの工房チャンネルを見ながら、半衿付けをするという本来の目的をうっかり忘れかけていたその時。   女将:「半衿に向いている生地は、ひいた時にキューッと生地が動くものが内側にシワが出にくいので良いんです。」   ん? 動く生地?(@_@)   着物を着はじめた人たちが最初につまづくといわれる半衿付けの重要なポイントのような気がします。 さらに、   女将:「半衿は、なるべくバイアスで内側につけていきます。」   半衿で一番、気をつけたいところ、それは人に見られる内側の部分。 ここだけはきっちり習得しなければ、と思うのですが、バイアスでつけるって意味がよくわかりません。   バイアス。 ぼんやりとわかっているような、わかっていないような……。 モヤモヤします(*_*)   ここはひとつ、まず辞書で言葉の意味を調べてみることにしました。 【バイアス】 …