たかはしBLOG

,

枕ひもで苦しくならない! コツのコツ

枕ひもを強く結ばなくても、お太鼓が落ちない方法 お太鼓結びをするときに欠かせない「帯枕」。 枕ひもを結んで止めるのですが、いつの間にか帯の中から上にあがってきて帯揚げを押し上げたり、締めすぎて苦しくなってしまったり、逆にゆるくて帯が下がってきてしまったり‥‥。 なかなか程よい枕ひもの結び方ができていない、ということはありませんか?   特に初心者の方に多いのですが、ぎゅうぎゅうに強く結んでいる場合。 帯が落ちてきてしまったら嫌だから、しっかり止めたいから‥‥。気持ちはわかりますが、枕ひもを強く結びすぎると、気持ち悪くなったり、肋骨が痛くなったり、グラマーさんだと胸が目立ってしまったりして、あまりいいことはないのです。 女将自身も、鳩尾あたりを締め付けることが嫌で、なんとか楽にならないものかと工夫を重ねて、伸びる枕ひもの「メッシュの帯枕 空芯才」シリーズや枕ひも、また「結ばないけど枕ひも」などを開発してきました。 それでも、枕ひもや胸ひもをきつく結ぶ人は多く、それが原因で「着物は痛い、苦しい」ということにもつながっているのではないでしょうか。人に着付けをしてもらったときも、着物が苦しい原因はこの胸元のひも類であることが多いです。 例えば、当社の商品で「三賢伊達締め」というものがありますが、これが生地が切れたということで返品を承ったことが何度かあります。最初は縫製不良かと思っていたのですが、返品していただいた商品を見たら、相当強い力で引っ張った形跡が見られました。 「三賢伊達締め」は引き締めるというより、適切にあてて摩擦で止めるものなので、ぎゅうぎゅうに締める必要はありません。 枕ひもも同じように、適切にあてていけば苦しくはなりません。 今回はその枕ひもの当て方をしっかり解説していきます! 枕ひもを3つのステップでしっかり帯の中に入れ込む 帯枕は、枕ひもを強く結ばないと落ちる、と思っている方が多いかもしれませんが、帯のテとタレが交差しているところに帯枕をきちんとのせれば、枕ひもをきつく結ぶ必要はありません。 ひもを結んだら、帯の中に深く沈めると、鳩尾にひもも食い込まないし、帯枕も背中にぴたっとつきます。 ただ、結び目を帯の中に押し込んだだけではすぐに上がってきてしまうので、以下の3つの手順でしっかりとひもを帯の中に入れ込む方法を試してください。 1)真ん中を、しっかりと帯の中に沈める 2)両脇も、しっかりと帯の中に沈める 3)最後にもう一度、さらに真ん中を帯の中に入れ込む いかがでしょうか。これをすると枕ひもが上にあがってくることもありませんし、鳩尾も苦しくなりません。 <おまけ> 帯揚げをあらかじめ帯枕にかけておくやり方をなさる場合は、帯揚げで帯枕をくるんでしまってからひもを結ぶと、脇の部分の帯揚げがぐしゃぐしゃになってしまいます。 完全に包まないで、帯揚げの上2/5から1/3を折り畳んで帯枕にかけて、帯揚げが帯枕を1周するかしないかくらいにしておくと、脇がぐしゃっとならずに綺麗に仕上がります。 一度お試しください。 きものを楽に美しく着たいから‥‥「苦しい」と思う原因があったら、減らしてみませんか? 女将のわかりやすい説明動画はこちらです! 【きものの痛い!苦しい!を解決!枕ひも、キツすぎない?】たかはしきもの工房「ズボラ女将の和装の常識を斬る!」 更新情報はInstagramで発信していく予定です。 Instagramを登録されている方は、是非「たかはしきもの工房…
,

令和5年1月

新年、あけましておめでとうございます。 新社屋が出来て、2回目の新年を迎えることが出来ました。 今年は何を書こうかなと思い、ふと5年前のかわら版を読み返してみま…
,

うそつき衿に安全ピンで半衿をつける方法

半衿を簡単に早く、うそつき衿にとりつける! いつもは半衿つけが面倒くさいから、たかはしきもの工房のうそつき衿を使って、ざぶざぶそのまま洗濯機で洗っちゃう!というご愛用者の皆様。いつもありがとうございます。 塩瀬もいいけど、イベントなどがあるときは、ちょっと刺繍や色、模様の入った半衿を楽しみたいときもありますよね。そんなとき役に立つ! ズボラ女将直伝の安全ピンを使った簡単な半衿の付け方をご紹介します。 半衿選びも実はポイントで、つける半衿は、ナイロン製などで、カチカチの生地のものがありますがそういうものは首元がしわしわになってしまいます。バイアスがきく、左右にひっぱったとき動くちょっと伸びるような素材のものをご用意ください。とてもつけやすく、またシワが目立ちにくいです。 自社の商品の宣伝になってしまいますが、たかはしきもの工房のレース半衿は裏にバイアスの布が貼ってありますし、うずら半衿もシワが目立ちにくくておすすめです! では早速安全ピンで半衿をつける方法をご紹介します! (1)1箇所だけ20センチくらい縫うけどあとは安全ピン8つでつけるやりかた まず半分に折って真ん中をとります。まち針などで、印をつけるとわかりやすいです。 そして、うそつき衿の内側になるところの真ん中に、半衿の真ん中をあわせます。 うそつき衿のフチから1〜2センチかぶるように半衿を置きます。 衣紋抜きの部分だけ、大きな縫い目でざくざくっと縫い留めます。あとで取ってしまうものですから、細かく縫う必要も、返し針も必要ありません。縫い目もがたがたしてても大丈夫! 針を持ちたくない、という人でもこの一手間で見えるところが綺麗になりますので、ここだけがんばって! そしてひっくり返して、うそつき衿を半衿で挟みます。 …
,

その腰ひも、緩すぎませんか? 腰ひもは着付けのキモ!

体は全部滑り台 全国を回って、着物の女性を脱がせては着せ、脱がせては着せしている肌着のスペシャリスト、たかはしきもの工房の女将が最近気になるのは、腰ひもを緩く結んでいる人が多いということ。 腰ひもは、着付けのキモ。これが緩いと下半身が着崩れてしまいます。裾が広がってしまったり、お尻の生地がたるんたるんになってしまったり。 太さや素材もいろいろある腰ひもですが、正しい位置にきちっと絞めることが着付けが決まる大きなポイントになります。 ウエストがあまりなく寸胴だった昔と違って、今はウエストがくびれている体型の人がほとんど。くびれや凹凸の途中に紐を当てると、細い方にむかって紐が滑っていってしまいます。 これが女将がよくいう「体は全部滑り台」。 なので、紐はくびれの一番細いところに当てるのがポイントです。そうすると、滑って行かずに動きません。 昔は腰骨のところにあててとよく言われましたが、そこに当てると今の体型では上にずるっと紐が逃げてしまいます。なので、ウエストの位置に腰ひもをあてましょう。 補整をするとより腰ひもが安定しやすくなりますし、きゅっと引き締めても体が苦しくありません。 腰ひもの締め方のコツ 腰ひもはよく後ろで交差させたらぎゅっと絞めてと言われますが、実は体の前側でぴたっと体を押さえるようにひっぱりながらぐっとあてると、後ろで絞めなくても体にしっかりとフィットします。 この、前にあたっている部分が緩いと、後から引いて絞めることは難しいです。 帯も一巻き目をきちっと絞めることが大事なように、最初に紐を当てる時、きちっとあてることを心がけてください。 これはすずろ腰ひもや、ゴムベルトでも同じこと。 最近はゴムの腰ひもを楽だし結び目もないし‥‥ということで使われている方が多い印象ですが、ゆるくとめるだけで使っていらっしゃらないでしょうか? ゴムをあてているだけだと、とても着崩れしやすいです。 なのでゴムでもきちっと体にあててテンションをキープすることが大事です。 体の前でゴムをあてるとき、しっかりひっぱってから体にあてます。後ろではひっぱりにくいですし、ひっぱる必要もありません。それでゴム紐の長さを調節して止めるとしっかりと止まります。 引き締め具合については、ウエストの位置でする分には苦しくはありません。でも中には苦手な人もいると思いますので、そういう場合は自分が締めても苦しくない位置、ずれない位置を探してみてください。 たかはしがおすすめしているのは細い腰ひもです。 理由は (1)細い方が体を締め付ける面積が減る (2)幅広の腰ひもは幅の分、身丈がとられる ということです。逆にいうと、身丈があまっている着物は幅広の腰ひもを使うといいということになりますが、腰紐の位置をウエストにすると、腰骨のところで結ぶよりも身丈がいりますから、細いもののほうがよい場合が多いです。 たかはしきもの工房の腰ひもは、昔おばあちゃんが手作りしていた細い腰ひもをヒントに作った木綿のもの。体にピタッとあたり、しっかりと締まります。 胸ひもは絞めつけないで 逆に胸ひもは腰ひもと違って締め付けると、息苦しい、吐きそうになるということもあります。鳩尾(みぞおち)の位置を絞められるのは苦しいもの。 自分では加減もできますが、着付けをしてもらうときにも苦しかったら伝えましょう。 胸ひもは幅の広いもので、絞めないで、布の面積の摩擦で止めていくようにします。ぐしゃっとしないで広げた状態であてていくと、そんなに締め付けなくても摩擦の力で、胸元が崩れない役割を果たしてくれます。 伊達締めも同様で、体に巻いたら、鳩尾あたりを少し下に引き下げておくだででも苦しさが違います。 しんどいのが嫌だからゆるゆる、着崩れが嫌だからぎゅうぎゅう、というひもの絞め方を見直してみてください。 なんでも強く締めれば良いとかゆるめでよいということでなく、要所要所で必要な強さでひもを絞めるように心がけていただけると、ぐっと着付けが上達しますよ。 女将のアクションつきで、動画でぜひ腰ひもの引き締め具合を確認してください! 【着付けひものキモ!その腰ひも、緩すぎない?】たかはしきもの工房「ズボラ女将の和装の常識を斬る!」 更新情報はInstagramで発信していく予定です。 Instagramを登録されている方は、是非「たかはしきもの工房…
,

令和4年12月

今年の東京キモノショーのステージイベントで「みんなのアイディアをステージに」という肌着サミットを行いました。その際に集めたアンケートで、下履き問題があり、それは…
,

「L字の法則」で着崩れ知らず、体を支えてくれる着付けに

「L字の法則」ってなに? 着つけた直後はいいんだけれど、すぐに着崩れちゃう……。 そんな方は、L字になっていないのかも! 肌着もきものも、気持ちよく体に馴染み、しっかり包み込むから着崩れも防げる、それが女将の言う【L字の法則】です。 さて一体なにがLかといいますと…… 「布(きれ)をまっすぐ動かす。垂直、水平に動かす=L」 ということです。わかりますでしょうか……女将の感性が! 布の力、糸の力は、この「まっすぐ動かす」ということで力が発揮されるのです。またそうすることで「布の面」の力が活きてくるのです。 女将が子供の頃日舞をやっていて、松竹の衣装さんの衣装を着付けてもらって驚いたのは、一番綺麗に見える膝を折ったポーズで着付けていくのですが、胸から膝までがパン!と布が張った着付けにプロテクトされているようだったそうです。美しい姿勢がキープされて、動いても着崩れない驚きの着付けでした。 それでいて苦しいかというと、苦しくはなく、むしろよい姿勢なので気持ちがいいのです。そのときの手技は忘れられず、着物を着る時には常に意識しているとか。 たかはしきもの工房の商品「ガードル裾よけ」や「腰すっきりパッドスキニー」ではこの「面」で押さえるという効果を活かしています。 肌着を作って全国の女性たちに着てもらっているうちに気がついたのが、ほとんどの人が「肌着を適当に着ている」ということでした。 せっかく着るのであれば、肌着の布の面の力を使って、体にぴったりと添わせて当てていったほうが、体も支えられるし、余分なシワも入らず、着崩れもしません。 具体的にどんなふうにするのかという説明をしていきますね。 「L字の法則」肌着編 まずしっかり真横にひいて、水平に胸を包むように肌着を着ていきます。 紐を再度真横にひいて、さらに体に密着させていきます。中でぐずぐずしたり、布がたまるということをなくすのがポイントです。 写真では満点スリップを使っていますが、これはお手持ちの肌着でもこの着方を意識していただくだけでも変わると思います。 そして最後に、さらに布を真下に引くことで、ぴたーっと布が体に沿うのです。 この真横、垂直の動きが「L字」ということです。 これは布を斜めに動かしてしまうと、同じ効果は得られないのです。 「L字の法則」着物編 次は着物の着方で解説していきます。 ざっくりいいますと、着物の上半身は垂直の力、下半身は水平の力を使って、面で体を支えていきます。 まず、裾あわせは布を真横に引いてお尻に密着させ、下前も上前も斜めに持ち上げないで、床をはくように水平に動かして体に巻きつけます。 巻きつけた最後に手首を返して持ち上げて、裾つぼまりにするのです。最初から斜めに持ち上げていくと、裾線もどんどん上にあがってしまうし、体を布で支えることもできません。 裾がまっすぐ水平に動かせるかどうかが、ヨコ糸の力が使えるかどうかなのです。 こうすることで、きっちりと体が布に支えてもらうことができます。お尻もお腹もきゅっと支えられます。 動き出すとゆるみますから、この段階では怖がらずに締めてもらって大丈夫です。 上半身は、水平に引くというわけではありませんが、布目のタテ糸の力を使って下にしっかりと引くことで、浮きが抑えられて綺麗に着られます。 このように、布のタテ糸、ヨコ糸の方向や、面の力を意識するのが「L字の法則」なのです。着付けのときに、一度意識をしてみてください。 この辺りのお話を長嶋茂雄(古)ばりの感性と擬音で女将が説明している動画もぜひご覧ください! 【肌着・きものの綺麗な着姿を持続させる、L字の法則!】たかはしきもの工房「ズボラ女将の和装の常識を斬る!」 更新情報はInstagramで発信していく予定です。 Instagramを登録されている方は、是非「たかはしきもの工房…
, ,

たかはし女将的!季節の移ろい方《羽織編》

若き日の女将も悩んだ羽織の「季節」 季節の変わり目は、コーディネートに悩まれる方も多いと思います。若かりし頃の女将も、そうでした。そんな中でしきたりも体感も大切にした上でたどり着いたひとつの答え。 季節の移ろい方「きもの編」「帯編」に続き、今回は「羽織編」をお届けいたします。コートなどもこれに準じますので、参考にしていただけると幸いです。 日常的なものあれば、本当にどれをどのように合わせても自由だと思いますが、今までのきもののしきたりの中で、ここさえ抑えれば安心というポイントもあると思います。 例えば、袷の羽織から紗の羽織はいつから切り替えて着たらいいの? など、口には出さなくても悩んでいる方は多いのではないでしょうか。コートや道行も同じことです。 寒いなと思ったら袷の羽織 女将の場合は、ちょっと寒いなと思ったら袷の羽織を手にとります。 洋服でも、セーターやトレーナーだけで外にいる人を見ると、ちょっと寒いな、コートやジャンバーを羽織ったらいいのに、と思うような感覚ってありますよね。それと同じようなイメージで、袷の羽織も登場します。 無地感の強いもので、ちょっとドレスアップしたときに使いたいような羽織は、 柔らか物や紬でも無地系の上品な装いのときに使います。 またカジュアル感の強い装いのときには、女将は男仕立ての羽織を愛用しています。女物と何が違うかというと、袖の振りが身頃に縫い付けてある「人形仕立て」という形になっていることです。 なぜ男仕立てを愛用しているかというと、まず振りが閉じているので暖かいということ。それから、きものの袖丈が違っても振りの揃いを気にしないで着られるからです。 今はまだカジュアルダウンする装いだという意識はありますが、今後はこれがスタンダードになるかもしれません。先日藤井絞りの社長と、羽織の脇のマチはいらないのではないかという話をしました。意味があって存在しているというものではありますが、柄を合わせたりする場合、染める側も仕立てる側も難しいので、マチがない形を模索されているそうです。そういった新しい挑戦も素晴らしいことですよね。 話が逸れてしまいましたが、冬が終わって暖かくなってくると、紗や夏物の羽織に切り替えていかれると思います。 その間の時期に実は、単衣の羽織というものも存在します。見た目は袷だけれど、袷よりも涼しいので、温暖化が進んだ今、袷の羽織をお持ちであれば次の1枚にお考えになるのもいいかと思います。暑がりさんにもおすすめです。 きものと同じように、袷に比べると少しぺらっとした感じにはなりますので、生地はしっかりめのものを選ばれたほうがよいと思います。 紗の羽織は彼岸から彼岸まで さて、暖かくなってくるといよいよ透け感のある羽織の出番です。 女将の場合は3月半ばすぎくらいから、袷のきものの上に羽織っています。 でも、3月から紗の羽織は早すぎないかと思われるかもしれません。若い頃の女将も悩んでいました。 そんなとき、津田家の女将に伺ってみたところ「紗の羽織はお彼岸(3月)からお彼岸(9月)までよ」と教えていただいたんです。 今から20年以上前の話ですから、今では終わりの時期はもう少し伸びて10月でもいいかも、と思っています。 薄物の羽織をそんな時期に? と思われるかもしれませんがちょっと前にレースの羽織が流行って、それは季節気にせず1年中着るという着方で、最初に真冬にレースの羽織を見たときはちょっとびっくりしたものですが、寒々しく見えなければそれもいいものですよね。 そんなわけでちょっと透け感のある羽織は3月から5月の頭くらいまで着ます。きものが単衣の時期になると、透け感の強い羽織を着ます。 きもののしきたりの中で、「羽織ものを着るのは上品」という考え方があります。帯しつけ(なにも羽織っていない帯姿)で出歩くのはちょっと、というものですが、なかなか暑いのに羽織ものを着るのは大変ですよね。 単衣の時期からは帯しつけでよい、ということにはなっているので、無理に羽織ものを着ることもないと思います。最近は袖なしの羽織ものを着ている方もいらっしゃいますが、お好みでよいと思います。 真夏は着ないで、すこし秋の気配を感じ始めたる9月ごろからまた薄物の羽織を着る。そして10月に入り、ぐっと寒さを感じたら袷の羽織に変えていく‥‥というのが女将流です。 まとめると 〜3月頭袷の羽織 3月半〜5月薄物の透け感の弱い羽織 5月〜透け感の強い羽織 夏着ない 9月〜透け感のある羽織 10月寒くなってきたら 袷の羽織      移り変わりの間に単衣の羽織があるととても便利。というところでしょうか。 1枚あると便利な黒の紗羽織 あと、女将は仏事にもきもので行きますので、紋入りの黒羽織を袷、単衣、紗、絽と4枚持っています。普通の方はこんなに必要はないですが、黒の紋なしの薄物の羽織が1枚あると本当に便利です。絽だと正式感が強くなってしまうので、紗か紋紗がおすすめです。 おしゃれにはもちろん便利ですし、紋が入っていなくても色でお悔やみの気持ちを表すことができると思います。いろいろなご意見はあると思いますが、きものは、相手に対する敬意を表すのにとてもよいアイテムだと思っています。 臨機応変に季節の移ろいに対応しながら、いろいろな場面で着ていただけるとよいと思います。 この辺りのお話をじっくりと女将が説明している動画もぜひご覧ください! 【たかはし女将的!季節の移ろい方~羽織編~】たかはしきもの工房「ズボラ女将の和装の常識を斬る!」 更新情報はInstagramで発信していく予定です。 Instagramを登録されている方は、是非「たかはしきもの工房…
,

令和4年11月

ググっと寒くなってきましたね。 北にある気仙沼としては朝晩の暖房が欠かせなくなってきました。 こうなってくるといつも思うのです、よっしゃー!と。 きものが優位に…
, ,

たかはし女将的!季節の移ろい方《きもの編》

季節ときもの。どんな風に季節感を出したらいいの? いつから袷を着ようかな、とか単衣にしようかな、なんてお悩みはないでしょうか? 特に季節が切り替わる時期はどうしたらいいのと聞かれることが多いです。 「きものの不安をスッキリ解決!」(河出書房)でも言っている通り、礼装ではないきものはファッションでありその人が好きに着たらいいものだと思っています。真冬に麻のきものを着ていたって、別にいいわけです。 でも基本的なことを抑えておきたいとか、まわりの方とのバランスを考えたいと言うようなこともあると思います。 今回はそんなときの「しきたりも体感も大切にしつつ、季節・気候に対応したきものの移り変わり」について解説していきますね。 生地あいや色目にも季節の移ろいがある 昔は「後に残すのは野暮」と言われ、季節の先取りはいいけれども、後には残さない。例えば9月になったら暑くても夏物は着なかったりしたものです。 でも、今はそのあたりもとても緩くなり、「後に残す」云々というのも気にせず、気温や体感にあわせてきものを着る方が増えてきました。 まずは着る期間が一番長い「袷」。袷は10月から5月まで着るとされていますが、温暖化が進んだ今、普段着で10月や5月に袷を着ることは少なくなっていると思います。 今は11月から3月。洋服で言えばダウンコートを着たいくらいの時期が袷のシーズンかなと感じます。 同じ袷でも、シャキッとしてつるんとした印象の袷と、ぽってりとした印象のものがありますよね。メーカーが同じでも、糸質の違いなどでツルンとした織とポテっとした織では、温かみや温度感が違います。 生地感や肌合いで、着るのに相応しい時期が変わるのではないでしょうか。もちろん真冬につるんとした生地でもいいのですが、ほっこりした生地のほうが暖かみを感じます。 また、色も季節感におおいに関係します。寒い時期は暖かみを感じる色、暖かくなっていく時期には爽やかな色、というような感覚もありますよね。 例えば、上のぽってりとした縮緬の絞りの着物は暖かみがあるので寒い時期に着て、春に向かう3月4月には着ていません。 逆に綸子系でヒタッとした生地で白いこちらの袷は、寒さに向かう時期に着ると寒々しい感じがしてしまうので、1月以降の春先に向かう時期に着るようにしています。 このように、その着物の質感や色をこれから向かう季節の方向性に合わせるのが、きものの移ろいのコツかと思います。   …
,

令和4年10月

きものと言えば、茶道が思い浮かびます。 昨今はきものブームから、お茶を習う方が増えている気がします。 で、私もお茶をしています。あろうことか、教えています。こん…

ブログカテゴリー

女将が教える 新人ブログ お問い合わせ紹介

カレンダー

2023年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
ネットショップバナー