, ,

サマーフェスタ

神奈川県 2022年7月21日(木)~24日(日) 会場 夢花 横須賀店(神奈川県横須賀市本町2丁目1−12 コースカベイサイドストアーズ4階) 期間 2022年7月21日(木)…
, ,

ズボラさん向け!しつけ糸の簡単な取り方

しつけ糸はどうしてついているの? 新しい着物を購入したとき、「しつけ糸」がついていますよね。 しつけ糸は、取ってから着るもの。 どうせとってしまうのに、なぜついているのでしょうか? 着物は仕立て上がってから、寝押しや座り押しなど体の重みで優しく折り目をつけていくものなのです。これもSDGsの考え方とも通じるかと思うのですが、アイロンやコテでしっかりと折り目をつけてしまうと、仕立て直すときに折り目が消えなかったりします。 また、アイロンなどできちっとプレスしすぎてしまうと、生地もふっくら感がなくなり、ペラペラな印象になってしまうことも。つぶれすぎず、ふわっと絶妙にしかも取れない折り目を仕上げるためにしつけが必要なのです。 しつけがあることで、着物がずれることなく折り目がつきキレイに仕上がるというわけです。 意外と重要な役目がある「しつけ」。 なくてもいいんじゃない?とおっしゃらず、これがあるから着物がキレイに仕上がっているんだな〜と思ってあげてくださいね。 女将流:しつけ糸の取り方 袷の場合ですが、袖と裾にしつけがかかっています。 しつけは、地域やお店、仕立師さんよってかける場所が違うことも。衿にかけることもあります。 袖のしつけの取り方 袖の部分はたいがい袖口をぐるりと囲んで、1本の糸でしつけされています。 たかはしきもの工房の場合は、玉結びを外に出して外しやすいようにしています。以前は玉結びが見えないようにする=袷の内側にすることが美しいとされていたのですが、それだと糸の端がどこにあるかわからず、取りにくいということで、このようにしてあります。 糸の端が見えないようにされている場合はハサミで切ってください。 袖口の付け根のところに糸の端があります。この玉結びのところ(糸の端)を持って、静かにひけなくなるまで引っ張ります。 引けなくなったところで、指で抑えてプチッと糸を手で切ります。 ハサミを使わないので布を傷つける心配もありません。 あとは、おなじようにするか、指で糸を引き抜いていけばとれます。 袖口の付け根のところは、かがってある場合もあります。たかはしでは、そこがかがってあるとしつけをとりにくい、ということで今はかがってありませんので、とても取りやすくなっています。 袖の丸みの部分も、かがってあることが多いです。たかはしでも、この丸みをキレイに抑えるため、この部分はかがってあります。 無理に引っ張らないで、かがってある部分の手前で糸を一旦切って、そっと引き抜けばかがってある部分もするっと取れますのでお試しを。 あとは、袖の袂の部分の玉結びをひっぱれば、するっと糸が抜けて袖のしつけ取り完了です。 端のしつけが見えないように止めてあったり、返し針をしたりしてある場合には、無理をして引きちぎるより、ハサミで糸を切ってとったほうが、布を痛めないかと思います。 裾のしつけの取り方 裾も同様にしつけ糸をとっていきます。 襟先の下のところに糸の端がありますから、玉結びを持って糸をひっぱり、ひけなくなったところで指で抑えて、糸を切っていきます。 中に玉結びをしてあって糸の端が見えないときは、最初もハサミで切ってくださいね。 裾は衽(おくみ)の角などかえし針をしてある場合もありますので、そういう場合は袖と同じように一旦そこで押さえて糸を切り、無理に引っ張ったりしないでください。 反対側の衽の角まできたら、あとは逆に襟先の玉結びを探してそれを引けばしつけ糸がするっと抜けます。 これでしつけ糸取りが完了です。 いろんなやり方があると思いますが、ズボラさん向きのしつけ糸の取り方のご紹介でした。 ぜひぜひ実際にしつけ糸を取っているところ、女将の動画をご覧くださいね! 【しつけ糸のいろは&取り方】たかはしきもの工房「ズボラ女将の和装の常識を斬る!」 更新情報はInstagramで発信していく予定です。 Instagramを登録されている方は、是非「たかはしきもの工房…