投稿

,

至福の時 訪問着のリフォーム

2007年1月31日 この着物、今から四十年前に成人式でお召しになったとのこと。 そのお客様が今度還暦のお祝いにこのお着物を直して着てみたいと仰る。 というか、ご本人はそんなふうにリフォーム出来るとは思っていなかったらしくどうしたらいいか、を聞きたくて持っていらした。 この着物とお客様を見た瞬間、このお着物をどう直したらいいかすぐに思い描くことが出来た。 これも本当に『出会い』なんですね~! …
,

悉皆屋の仕事冥利?!

2006年12月14日 『女冥利』と言う言葉はあるけど、『仕事冥利』っていうのだろうか? なんでもいいけど、この着物はそういうお仕事になるであろうお預かりの1枚。 40…
,

もったいない!五つ紋の色留袖

これは昨日持ち込まれたお客様の着物。 柄の所だけアップで写しているが五つ紋の色留袖である。 お客様が「この着物、もったいないからなんとか着ることは出来ない?」と仰ったのだが、調べてみたらポリポリになっている、こんなに素敵なのに、ん~、もったいない! ん~、残念(;-;) この地色(かなりダークな紫)と言い柄と言いなんとも言えない。またこの質感、昔の縮緬が持つ優しさは現代では作り出せない。(実はかなり似たものは出ているけどむちゃ高い) ポリポリって~? とお思いの方。 知りませんでした? しまいっぱなしにしていると絹は窒息して死んでしまうのであります。手でも簡単に裂けるようになってしまうんです。その時の手の感触が『ポリポリ』と言うわけです。 だから虫干しが大事なのです(><) こんな素敵な着物を廃棄しなくてもいいように、皆様、宜しくお願いいたします~(--) お忙しい方、当店では虫干し代行もしております。そのための乾燥室でしっかり乾燥、保証書を付けてお返しいたします…
,

呉服屋と悉皆屋の違い

2006年6月15日   昨日のブログに 「悉皆屋と呉服屋の違いって何?」というコメントをいただきましたので、僭越ではありますがその違いについてご説明いたします、オッホン…
,

悉皆屋、この至福の時

  今回、高田から始まって志津川、千厩などできものメンテナンスの相談会を初めてやっている。動機は何も知らない呉服屋が売り上げ目的に悉皆に手を出し始めたから。 基本的に悉皆屋は呉服屋も出来るが、呉服屋は悉皆屋にはなれない。 なぜって、悉皆はとっても面倒だから。目利き出来ずに悉皆に手を出せばお客様に迷惑をかけることになるのは必定!そんなこと許せない…
,

100年前のお振袖

お得意様の娘さんが仙台に嫁いだ。 お相手の家は長く続いたお家柄で「婚礼にはこの着物を着てほしい」と渡された振袖がそれはすばらしい品物(♡o♡) 昔のてろりとした…