投稿

,

着付け師KOYANOに学ぶ目からウロコの着付けポイント

日常的に着物を楽しむなら、 少しでも着付けを楽に時間を短くしたい 着崩れないようにしたい ここちよく着ていたい と、思いますよね。 そこで今回は、日本舞踊専門の着付をされている着付け師のKOYANOさんから、着付けについてのコツを教えていただきました! 女将が着付け師KOYANOさんと出会ったら… 着付け師KOYANOこと古谷野貢さんは、現代着付けに舞踊着付けの技術を盛り込んだ「一日中着ても、カラダが楽で崩れない着付け」を口コミと紹介のみで岡山県倉敷市から全国を飛び回っている着付け師さんです。 他の着付け師さんと異なるのは、一般の方々の着付けを行うだけではなく、日本舞踊専門の着付けを行う衣裳方として各流派の舞台裏でご活躍されていることです。 たかはしの肌着に興味をお持ちになり、倉敷市から気仙沼までいらっしゃってくださいました。 ※オリジナルブランド本京友禅「明和美染(みわびぞめ)」を展開する「創作きもの明和美」の代表も務められています。 実際に、古谷野さんと女将が話をしていると、肌着や補整、着付けについて話が尽きることなく盛り上がったそうですが、その中で女将が再確認できたことや目からうろこのテクニックをお伝えいたします。 楽で着崩れしない着付けの共通点とは? 日常的にきものを楽しむために、体が楽で着崩れしにくい着付けは、誰もが望むことだと思います。 そのための着付けとして、女将は、下半身は横糸の力を借りて、上半身は縦糸の力を借りて体に生地の目をフィットさせるように着付けるということをずっと言い続けてきています。 生地の目を意識して着付けると、生地の面で体が支えられるようなここち良さがありますし、生地が体に沿うようになるので着崩れもしにくくなるのです。 ▼詳しい方法は、こちらの記事をご覧ください 「L字の法則」で着崩れ知らず、体を支えてくれる着付けに 女将がこの論理にたどり着いたのは、子どもの頃に習っていた日本舞踊での経験からでした。 とにかく下半身を締めたいということと、帯まわりをきつく締めるのは嫌なので、腰まわりだけを引き締めたいという強い願望があることを自覚していました。 なぜなら、それが一番ここちよく着付けることができることを、日本舞踊での着付けを通して肌で体感していたからです。 実際、古谷野さんの着付けを女将が体験した時、生地を体に当てる古谷野さんの手つきが女将が長年考えていたことと共通点がいくつもあり、「L字の法則」はまさにぴったり一致したのです。 さらに、古谷野さんのテクニックの中で、すごく有益な情報で女将がとても驚いたやり方がありました。それは裾よけのつけ方なのですが、普段の裾よけのつけ方を思い浮かべながら読み進めてください。 キレイで時短な裾よけのつけ方 裾よけを自分でつける時もそうですし、人につけてあげる時も次のようなやり方でつけているのではないでしょうか。 1.先に上前の位置を決めた後に下前を体に巻きつける。 2.上前を体に巻きつけた後、上前の下になった紐を外側に引き出し、紐を巻きつけて結ぶ。 古谷野さんの裾よけのつけ方は、この方法とはまったく違っていたのです。 《人に裾よけをつける場合》 1.着付ける相手の体の中心部分に裾よけの左右の力布を合わせて持つ。 2.裾よけを持っている手を右側にパタンと倒す。 3.紐が外側に来るので、そのまま体に沿って巻いていき、紐を巻きつけて結ぶ。 《自分で裾よけをつける場合》 1.体の真ん中で裾よけのセンターを決め、左右の力布を合わせて左手で持つ。 2.裾よけを持った手を左側にパタンと倒す。 3.紐が外側に来るので、そのまま体に沿わせて裾よけを巻いていき、紐を巻きつけて結ぶ。 裾よけを巻きつけた後で紐を抜くやり方よりも、ゆるんだりズレたりすることなく仕上がりがキレイになりやすいですし、紐を抜くという手間も無くなります。 これはほんのちょっとしたコツですが、着付けする上でのストレスがひとつ無くなったことになります。紐で巻きつけて結ぶタイプの裾よけを着る時は、同じやり方で着られるので、ぜひ試してみてください。 女将による目からウロコの着付け術はこちらの動画をご覧ください。 【着付師KOYANOに学ぶ!目からうろこの着付け術!着付け師さんから教わるポイント】 更新情報はInstagramで発信していく予定です。 Instagramを登録されている方は、是非「たかはしきもの工房…
,

初心者の着付けも楽になる着やすいきものの生地感とは

きもの初心者の方から「着付けを練習する時、どんなきものが良いですか?」と聞かれることがあります。 きもの初心者の方たちが、その人にとって一番覚えやすい着付けを覚えるまでは、着にくい素材のきものは避けた方が良いと思います。なぜなら、まだ手の使い方に慣れていないからです。 たかはしでは、きもの初心者の方でも着やすいきものとして、ちょっとマットな質感の紬をおすすめしています。 なぜその結論になったのかも含めて、三種類の生地を例にしてお伝えしていきます。 これから着付けを練習するきもの初心者の方はもちろん、すでに自分で着られる腕があるのになかなか上手くならないと感じている方も、生地による着やすさの違いを知ることで、もっと楽に上達できるかもしれません。 やわらかものの小紋、マットな紬、浴衣を例に、生地感による着やすさの違いを知っていただければと思います。 摩擦力による生地感の違い よく大島紬は着やすいという方がいらっしゃいます。確かに着きやすいです。 ただ、まだ手が慣れていない初心者の方が大島紬を着ようとすると生地が滑ります。 生地はその質感によって表面がツルツルとして滑らかな生地(摩擦力が小さい)と、表面に凹凸があって摩擦力が大きい生地とに大別されます。大島紬はツルツルとしている生地に属します。 結城紬はどちらかというと摩擦力の大きい生地に近いです。ただ、絹なので木綿に比べると滑ります。程よく滑って程よく止まる生地というのは、摩擦力が大きすぎないものです。 たとえば、十日町きものや結城紬などは、マットな質感の紬です。他の生地と比較するために、結城紬を用意しています。 やわらかもののきものは一見すると着やすそうに見えるかもしれません。でも実際は、着付けに慣れないうちは生地がズルズルと手から逃げやすく扱いにくいです。生地に落ち感があるため、生地を上に上げようとしても下に落ちやすいので、いつもの要領でやってみたらおはしょりが長くなるということもありがちです。 生地をキュッと体に張らないとスルスルと落ちていくので、手が慣れていないと扱いが難しいと思います。 ここまでの話から、ツルツルしていないし、汚しても自宅で洗えるし、木綿きものが気軽で良いんじゃない?と思われるかもしれません。確かに汚れた時のことを考えたら、浴衣で練習すれば良いのでは?と思うのも当然です。 たかはしスタイルの着方教室では、一番最初から浴衣は教えていません。 なぜかというと、生地の摩擦力が大きいので、上前と下前を重ねた状態で生地を引っ張っていくと、生地が滑らずゆがみができます。そのため、きれいな着姿にするには、体から離して重ねるようなコツが必要です。 では、生地感による着付けやすさの違いを、ボディへの着付けで見てみましょう。 初心者が特に着にくいやわらかもののきもの 生地を体に沿わせるようにぴったりと当てていないと、きものが全部下に落ちていきます。 そうならないためには、ぴったりとお尻に生地をつけた状態で生地をずっと持っていられたら生地が落ちにくいです。 このコツは、今から新しく習いますという方には難しくて、最初は体にぴったりと沿わせることなく、ゆとりがある状態で着付けようとしてしまいがちです。するとどんどん生地が落ちていきますし、片方の手で押さえながら上前に嚙んでいる下前の生地を抜こうとすると、手で押さえていない方の生地が落ちていったりと、とても扱いにくいと思います。 上半身の胸元をきれいにすることは難しいことではありませんが、下半身をきれいにするとなると、落ち感のあるきものはすごく大変です。 初心者にも着やすくおすすめ!マットな質感の紬 マットな質感の紬系のきものは、持った時点で軽いです。上前を合わせた後、下前を体にぴったりと沿わせることが無くても、生地が落ちていくことはありません。 たとえば、生地を押さえている手を替えるという時も、一か所でも押さえておけば、生地が止まっててくれます。 ゆるく体に沿わせてあげれば、程よい摩擦力があるので生地が止まっててくれます。 腰ひもを結ぶところをきれいに整える時も、生地が止まっているのでそれほど難しくなく生地を整えることができると思います。 きものを着付ける時、生地を体にピタッと沿わせることは基本ですが、最初はそれがうまくできないことが多いので、生地が軽くて押さえやすく扱いやすいきものが着やすいです。 本当は難しい浴衣や木綿、ウールのきもの 上半身だとわかりやすいので、腰ひもを締めた状態で他の生地との違いを見ていきます。 腰ひもを締めた後、おはしょりをトントンして整えていきます。 先に下前を整えた後、上前を体に沿わせるようにすると、生地の摩擦力が大きいため、上前の生地と一緒に下前の生地が動いてしまいます。 きれいに整えるためには、生地を体から離して重ねるようにします。 生地目も整えないと生地がぶかぶかしてきれいに整えることができません。 おはしょりの中の下前の生地も体に合わせてきれいに折りたたむ必要があります。 たとえば、誂た浴衣で生地にハリ感のあるものだと、ノリによるハリがあってきれいに着るにはコツが必要で、きもの初心者の方だと難しいわけです。 生地を下に下げたいと思っても、摩擦によって体に吸いついたようになって、なかなか思うように動かないと思います。生地を動かすためには、体と生地の間に手を入れて、体から生地をいったん離すと動きやすくなります。 生地目をきっちりひとつひとつ整えていくのが難しい生地は、摩擦力が大きい生地です。 木綿やウールもその傾向があります。 着やすい生地を選ぶための摩擦力を何で見分ける? 着るものの摩擦力の大きさを何で見分けるのかというと、毛羽立ちの多さです。 麻以外の天然繊維は生地に対しての毛羽立ちが多いです。毛羽立ちが多いほど、摩擦力が大きい生地になります。絹も天然繊維ですが、糸の生成によってツルツルと滑らかになっており、摩擦力が小さくなります。 大島紬もどちらかというとツルツルとして手から逃げやすい傾向があるので、ちょっとマットな紬が良いと思います。 浴衣はきものに比べると、手に取る気軽さがあるせいか、浴衣ぐらい着られるんじゃないかとよく聞きますが、実際には浴衣をきれいに着付けるのは難しいです。 なぜなら、体の線は出やすいですし、生地の摩擦を意識しながら体から離して整えていかないといけないので、意外と難しいのです。 これから着付けを練習されるきもの初心者の方は、程よく滑って程よく止まる軽い生地を目指して練習するきものを決めていただければと思います。 写真だと伝わりにくいですが、動画だと生地感がよりわかりやすいです。女将による生地による着付けのしやすさの違いの動画はこちらをご覧ください。 【知れば着付けが楽になる!『初心者必見!』着やすいきものの生地感】たかはしきもの工房「ズボラ女将の和装の常識を斬る!」 更新情報はInstagramで発信していく予定です。 Instagramを登録されている方は、是非「たかはしきもの工房…

毎日変わるおはしょりの謎【きもの初心者必見】

こんにちは!きもの初心者の渡部です。 新社屋に移転して以来、O島店長と二人、気が付けば毎日着物を着るようになり☆彡 女将には「きもの姿の女子がいるってのはいいねぇ♪」と、喜んでもらえちゃったりしてます(*´ω`)   毎朝、部屋着から洋服に着替えるように、着物に着替えることが自分の中でごくごく当たり前になっております^_^   慣れってスゴいもので、「よしっ!着るぞ」と気合を入れなくても、洋服だろうが着物だろうが、結局着替える事には変わりなく同じなんだなぁ。。としみじみ実感する今日この頃です。   そんな私が今回お題にするのは、毎日着ているからこそ毎日違いを感じた「おはしょり」についてです。 ナンデダ?毎回違うおはしょりの長さ きもの初心者の私は、まだマイサイズの着物をたくさん持っているわけではなく、諸先輩方からいただいた着物を大切に着させていただいております。 となると、もちろん身丈も着物によってマイサイズとは違ってきます。   身丈が違っていても、習った着方で「腰ひもはおへその辺りにキュッと巻きます」の言葉通りに毎回巻いていました。完成した着姿は、なんともおはしょりが長く「ん〜、ちょっとどうかなぁ」という姿。   そんな時のためにと、必殺!たかはしの「三賢伊達じめ」にて調整。 この子は良い働きをしてくれるのに、渡部の不器用さが勝りそれでもビミョーな時は、おはしょりの長さをごまかすために、今度は帯の位置を下にしすぎて先輩に指摘される始末。 まさに負の連鎖です(笑)   そんな中、毎日着ていると日々おはしょりの具合が違っていることに気が付きます。長い日もあれば短い日もある。。ナンデダ?? 毎日着ていたから気づけた腰ひもの位置 最初はいつも同じ位置で腰ひもを結んでいましたが、ふりかえると腰ひもの位置が違っているのです。毎日着ているからこそ、今日は少し上で巻いてみようかな~、昨日こうだったから今日はこうしてみようかな~と思いながら着付けをしていました。   …

妊婦の着物の着付け、どうすればいいの?【きもの初心者必見】

私、実は・・・ こんにちは!きもの初心者の鷹木です。   突然の私事ですが、私・鷹木、2021年の10月末に妊娠が発覚。こっそりと、30代後半にて初の妊婦生活がスタートしておりました。   「うわー…嬉しい!ついに私の所にも念願の赤ちゃんが…(>_<)!!」 と、思いきや… 「いや、待てよ…??ついこの間、初めての着物を購入したばかり!!(…

太って見える着付けで再確認した紐の性質【きもの初心者必見】

たかはしに入社する何年も前から、たかはし製品を愛用していたきもの美人になりたい小野寺ペコ吉です。愛用していた、などというと、まるで着物を着慣れた人のようですが、なんのなんの。   反省はするが学習しない、という私の得意技で、何度、着物を着ようとも、今ひとつ着慣れた風情を醸し出せないまま年月ばかりが流れておりました。   それでもなんとか着物を着られているのは、やはり、かゆいところに手が届くたかはしの和装小物があったから。自社商品を誉めるのは手前みそではありますが、着付けのハードルをググッと下げてくれる相棒たちは、本当に手放せない存在なのです。   でも、なぜかうそつき衿が、ぶかぶかと浮いてしまう時があったり、腰回りがボコボコともたつきがちで、そもそものガッツリ体型が、輪をかけて相撲の関取が歩いているような着姿になることが多く、ずっと悩んでいました。 ※ちなみに気仙沼弁では、大きくぶかぶかの状態をガフガフになる、と言います。   「帯がうまくできなくてぇ〜(>_<)」とか、「朝バタバタしていてぇ〜((+_+))」とか、言い訳にも疲れ果てました。   そもそもの着付けがまったくなっていないのもありますが、それにしても衿のガフガフと、腰回りのどっしり感をなんとかしたいな〜と、常々、思っていたのです。 女将が伝授!美しい着姿の土台とは? 先日、たかはしで小袋帯の結び方講習会があった時のこと。 帯結び以前に、会場にあらわれた私の着姿が気になった女将が、見るに見かねて「いーから、いったん着物を脱いでみて」と、相撲取りペコ吉を救わんと、名乗り出てくれました。   ごっつぁんです。   一番の問題点は、私自身が気仙沼の豊かな大地に育まれて、だいぶ肥大化したことです(/ω\)   「そんなことはわかってるから!」と、事もなげに女将にかたづけられつつ、着付けがなってない原因をひとつひとつ丁寧に教えてもらいました!   ◎ペコ吉の着付け問題点…

スマホでもっと着物を楽しくできる?【きもの初心者必見】

普段、着物に関してスマホを活用されていますか? こんにちは。きもの初心者&2年目の佐藤です。   女将の呼びかけで、「きもの沼さんぽ」サービスが気仙沼で始まりました。 ▶【プレスリリース】「きもの沼さんぽ」サービスを11月15日より始めます ※きもの沼にハマるように、気仙沼にもハマっていただきたい願いを込めて♪   おかげで、以前よりも着物で出かけるきっかけが増え、自分で着られるようになってきました(*'▽') 痛恨のミス勃発しながらも前進する中で、だいぶスマホにも助けられてきたのです。   そこで、着物をもっと楽しむために、スマホでできることあるかな?と。 今回のテーマは「きもの×スマホ」です。 着付けの方法は動画で復習 着付けのやり方は店長の「褒めて伸ばす」ご指導のもと教えていただけたのですが、着物を着ない期間が長くなってしまうと、忘れてしまうことも(;'∀')   そんな時は、女将の動画で確認しています。 *イチから着付けを確認する時に。 ▼【女将流 日常きものの着付け方】   *お太鼓結びを確認する時に。 ▼【名古屋帯】最良の一重太鼓の結び方!   *帯締め結ぶとき、どっちがどっちだったかな?と確認する時に。 ▼【女将お気に入り!帯〆の締め方】   そして、着付けを女将や店長など、着物プロフェッショナルな方々にフィードバックいただける環境にあること(感謝×100) 着付けを直接見ていただくのみならず、すぐにお会いできない時にはきもの姿をスマホで写真を撮っておき、ご意見を伺うという。   スマホできもの姿を撮っておくのは、自分のきものコーディネートの記録にもなりますよね。   自分では何を改善したらもっと綺麗に着られるのか、楽に着られるのかは動画だけではわからないため、オンラインとリアルの両方を活用できる状況にあるとより着物を楽しめるなって思います(*'▽') きものコーディネートも訓練 女将の本「きものの不安をスッキリ解決!」でいう、冠婚葬祭など相手のために着る「しきたりきもの」と、自分のために日常で着る「日常きもの」。「しきたりきもの」を着る機会は少ないので、「日常きもの」を着られたらと思うわけです。   だがしかし、どんな着物、帯、帯締め、帯上げ、足袋、草履、バッグを合わせたら良いのかがやっぱりわからないのです。   どうすれば・・・と、着物上級者マダムに聞いたところ、 「(着物や帯、小物も含めて)キラキラしているか、そうでないかに分ける。 (日常きものは)あとは洋服と同じだよ。」 とのこと。   そこで思いついたのが、パーソナルカラーと骨格診断です。 30代半ば、似合う洋服がわからなくなり、友人ファッションコンサルタントに相談し、それを知りました。   詳細は省きますが、人の肌色や体型・骨格にあった服の素材・柄・色などを診断できるものです。 ▼パーソナルカラーとは? https://www.p-color.jp/about/ ▼骨格診断とは? https://fashion.or.jp/kokkaku/   自分のタイプに合う着物がわかれば、解決できるのではないかと。   まだ持っている着物や帯、小物は数が少ないため、できるコーディネートは限られてしまいます。 ただ、今後のお買い物をする時のためにInstagramでタグってみたり、Google先生に「着物…