【プレスリリース】「きもの沼さんぽ」サービスを11月15日より始めます

令和3年11月12日

きものを着て訪れた人が、気仙沼市内の様々なお店で優待を受けられる「きもの沼さんぽ」サービスを、11月15 日(きものの日)より始めます。

有限会社たかはし(代表:髙橋和江、気仙沼市所沢321-1)の声掛けで、きものを着た方が優待を受けられるサービスが形になりました。サービス期間は令和3年11月15日(きものの日)から令和4年4月30日まで。

「きもので楽しめる港町」という新しい気仙沼を作り上げていくため、さまざまなお店を巻き込んでサービス開始に至りました。市内の協賛店からは、嬉しいご優待のお申し出を受けています。より多くの方々にご利用いただけるよう、ご取材・ご掲載のほどよろしくお願いいたします。

「きもの沼さんぽ」の内容

  • 期 間:令和3年11月15日(月)~令和4年4月30日(土)
  • 対象店:気仙沼市内の各小売店、飲食店13店舗(ページ下部ご参照)
  • 特 典:ページ下部ご参照

観光でいらっしゃる方々に、きもので歩く新しい気仙沼体験を発見していただき、また気仙沼市民の方々にも、普段からもっときものを楽しんでもらう。そうやって、共に「きもので楽しめる港町、気仙沼」のイメージを作り上げて行けたらと願っております。

漁師まち気仙沼には、縁起をかついだ儀式や願掛けなどが今なお根付いており、習わしや付き合いを大事にする人々が暮らしています。そんなまちだからこそ皆は「ハレとケ」を大切にしますし、そこには相応しい衣装が存在してきました。

また、かっての気仙沼は養蚕業が盛んで地機(じばた)もたくさんあったとか。それは、きもの文化が根付いていた証拠です。唐桑には野生の蚕が生息し、品種によって養蚕の蚕よりも糸の強い「野蚕糸」は重用されていたとも聞いています。

きものを「やさしく・たのしく・おもしろく」。きものを着ることで味わえる非日常を、「ハレ」の日のみならず普段の生活の中で取り入れてもらいたい。きものを着ているだけで多くの方に褒められて、きっと気持ち良い一日を過ごせると思います。

髙橋和江

「和の楽しみ方で気仙沼の賑わいを生み出したい」という思いに、多くのお店の賛同を頂戴しました。
気仙沼にはきものが映えるスポットもたくさんあります。
パンフレットやオンラインでのご紹介を準備しております。

きもの来店利用サービス提供店

対象店 特典内容
和食処 海舟 三陸食堂さんまと茎わかめの佃煮を進呈
鼎・斉吉 食後のデザート1品をサービス
和食処 鮹 三陸食堂さんまと茎わかめの佃煮を進呈
アンカーコーヒー内湾店 税抜1,000円以上ご利用時、オリジナルカップオンコーヒー1個を進呈
割烹世界 ソフトドリンク1杯サービス
CORVO ランチ/デザート1 品をサービス、ディナー/グラスワイン1杯をサービス
気仙沼 あさひ鮨本店 旬の握り1貫をサービス
気仙沼 ゆう寿司 ソフトドリンク1杯をサービス
季節料理 お食事処 浜の家 季節のアイスクリーム1皿をサービス ※コース料理除く
気仙沼 新富寿し オリジナルデザートティー1杯をサービス
アンカーコーヒーマザーポート店 税抜1,000円以上ご利用時、オリジナルカップオンコーヒー1個を進呈
レストラン エトワアル ご飲食税込1,500円以上で10%割引 ※コース料理除く
wanomise たかはしきもの工房 (来店時)おつまみこんぶ1袋を進呈

※きものでの食べやすさも考慮してご協賛いただきました

きもの映えスポット

  • 神明崎
  • 武山米店
  • 男山本店
  • 角星本舗
  • 千田家住宅主屋
  • 三事堂ささき店舗
  • 気仙沼出港岸壁

など

下記のマップからも提供店およびスポットの場所をご確認いただけます。

【ご取材・お問合せ先】
wanomise たかはしきもの工房
髙橋和江
TEL:0226-23-1111
FAX:0226-23-3206
〒988-0057
宮城県気仙沼市所沢321-1