,

「しきたりきもの」にうそつき襦袢はOK?NG?【お問い合わせ紹介】

今回は「しきたりきもの」にうそつき襦袢をご利用になるという場合に多かったお問い合わせをご紹介していきたいと思います。 Q1. 「しきたりきもの」に「うそつき襦袢」を利用してもいいのでしょうか? A.しきたりきものであっても、うそつき襦袢を着ていただいて問題ありません。 格の高い五つ紋の留袖や黒紋付の時にご利用いただいても大丈夫です。 ただ、ご自身が「ちゃんと相手に礼節を表したい」「うそつき襦袢だと気づかれたらどうしよう…」「なんだかうそつき襦袢だと気後れしちゃう…」と感じる場合には、その気持ちを大事にして長襦袢をご利用いただくのが良いと思います。 Q2.「しきたりきもの」を着る際、うそつき襦袢の色は必ず白でなくてはいけないのですか? A.五つ紋の留袖と黒紋付は最も格が高い着物なので、うそつき襦袢であっても白がふさわしいです。うそつき襦袢を構成するうそつき衿についている半衿も、「しきたりきもの」の場合には振袖を除けばすべて白色が基本です。 なので、五つ紋の留袖と黒紋付の時にはうそつき襦袢のうそつき袖もうそつき衿も白をおすすめいたします。 ただ、訪問着の場合にはうそつき衿は白であっても、うそつき袖には白か淡い色(ぼかし等)がふさわしいと弊社では考えております。 色無地なども、おしゃれに着たい時にはうそつき袖は淡い色(ぼかし等)でも構いませんが、相手に招待された場で相手に敬意を表したい時には白をご検討いただくのをおすすめいたします。つまり、白は「礼装」の象徴と捉えております。 Q3.「しきたりきもの」には正絹じゃなくてはいけないの? A.しきたりきものに合わせる長襦袢やうそつき襦袢の素材は実はあまり気にしなくて問題ございません。 基本的には質感を重視するなら絹素材でピシッと決めたいところですが、お手入れの手軽さからポリエステルをお選びいただいても大丈夫です。 弊社のうそつき袖やうそつき衿もポリエステル素材や正絹素材がございますので、お好みに合わせてお選びください。 Q4.「夏のしきたりきもの」には何を着たらいいの? A.夏のしきたりきものの場合、夏の襦袢は白の駒絽がふさわしいとされていますが、基本的に絽であれば素材は正絹、ポリエステルなどからお選びいただいて大丈夫です。 ※弊社のオリジナルで「絹麻」という絽の素材もございますが、光沢感という点でポリエ ステルと正絹からやや見劣りしますが着心地は涼しく、汗の張り付きもなく快適です。 涼しさを重視したい場合にご検討くださいませ。 Q5.…

オリジナル商品のお問合せ紹介 vol.7【満点腰すっきりパッドスキニー】

今回は「満点腰すっきりパッドスキニー」のお問い合わせ内容をご紹介していきたいと思います! Q1.どの商品と組み合わせるのがいいですか? A.基本的に当店では全ての商品と合わせていただく事をおすすめしております。 「腰すっきりパッドスキニー」は、補整以外にもたくさんの機能がございます。 …

オリジナル商品のお問合せ紹介 vol.6【満点スリップ】

今回は「満点スリップ」のお問い合わせ内容をご紹介していきたいと思います! Q1.満点スリップの、「違い」と「選ぶ基準」はなんですか? A. エクストラ 季節問わず、汗移りの気になる絹のきものをお召しになる時におすすめです。 防水布を、帯で汗をかきやすい背中、脇の下、正座時の膝裏の汗や女性特有の悩みにも対応できるよう、臀部から膝裏にかけて施しておりますので、お着物への汗移りなどをしっかり軽減します。 さらに、上半身の生地は汗がお着物に移る前に乾くように吸汗速乾性のあるポリエステル素材を使用しています。 また、下半身の生地は薄手のキュプラを使用し、軽く肌触りも良く、暑さの軽減にもなります。 綿楊柳 ゆかたや、洗えるきものにおすすめです。 エクストラとの大きな違いは、涼しさを重視し、背中にだけ防水布がついておりません。 (脇の下と臀部からひざ下まではエクストラ同様に防水布が施してあります。) また、細かなシボのある楊柳素材なので、肌に密着せずムレと湿度、そして熱がこもるのを軽減してくれます。 ただし、よくある"触るとひんやりする"ような接触冷感効果のある薬品を使用していない天然素材の綿ですので、その点での涼しさはございません。 エアレット エアレットは寒い時期で絹のきものをお召しになる時におすすめです。 上半身の生地に、暖かみのあるニット素材「東レエアレット」を使用しています。 このエアレットは吸湿性と速乾性に優れ、保温性が高く、また下半身のキュプラも厚手のものを使用しておりますので秋冬の寒い時期におすすめです。 脇の下、背中、臀部に防水布を使用しきものへの汗移りを防ぎますので、安心してご利用いただけます。 ※満点スリップ…

オリジナル商品のお問合せ紹介 vol.5【満点ガードル裾よけ】

今回は「満点ガードル裾よけ(裾よけタイプ・ペチコートタイプ)」のお問い合わせ内容をご紹介していきたいと思います! Q1. 「満点ガードル裾よけ」と、「満点ガードル裾よけ…

オリジナル商品のお問合せ紹介 vol.4【うそつき衿】

今回は「うそつき衿」のお問い合わせ内容をご紹介していきたいと思います! Q1.洗濯方法を教えて下さい A.洗濯機で、ネットの入れてお洗濯可能です。どうしても消耗品の為、少しでも長くご利用いただくためにはタンブラー乾燥は行わず、中性洗剤をご利用いただくなどのお手入れをしていただくと宜しいかと思います。 Q2.うそつき衿がきれいにならないです A.要因としては、衿をゴムベルトに挟んだ際に下に引き足りない、ゴムベルトの位置が上に上がっているなどの可能性が考えられます。 うそつき衿の着用法については下記の手順をお試しください。 …

オリジナル商品のお問合せ紹介 vol.3【うそつき袖】

今回は「うそつき袖」のお問い合わせ内容をご紹介していきたいと思います! Q1.サイズについて、一般的に何cmとか基準がありましたら、教えて下さい。 A.当店の一般的な着物の袖丈袖巾は、袖丈:一尺三寸(約49cm)/袖巾:九寸(約34cm)となっております。 当店では、お着物の袖の中でうそつき袖が遊ばないように丈は同寸の49cmにし、袖巾のみお着物から出ないように1cm控えてうそつき袖を仕立てます。 ポリエステル素材 袖丈49cm/袖巾33cm 正絹や絹麻など 袖丈50cm/袖巾33cm ※袖丈はお手入れをすると縮む可能性があるため、1cm長くしております 袖丈が短かいのは、着物の袖の中で遊んでしまい、はみ出してしまう恐れがあるのでお勧めいたしません。反対に、袖丈が多少長い(1~2cm程度)分には、かえって着物の袖に沿ってはみ出しにくくなるので、当店ではご利用可能とご案内しています。一方袖巾は、お着物の袖巾よりも控えることをお勧めします。 またオーダーサイズでのご注文も承ります。 Q2.生地感について教えて下さい。 A.下記を目安にご検討ください。 張り感が欲しい 張りがあるのは、麻の袖です。 麻は繊維が強いので、一番張りがあります。また、独特のシャリ感があり肌にべたつかないさわやかさがございます。 柔らかく滑りがよいもの 当店で販売しているうそつき袖で、柔らかく滑りがよい順は、 …