心の結びつきを高めましょう【5分間スピーチ】

5分間スピーチとは? スピーチ者 工場総務 藤村 挨拶について、ここたかはしでは、みんな普通にできていると思います。もちろん返事もしますし、明るい職場であると思っています。   ところで、みなさんは「てむやてくみた」を知っていますか? 「何かの魔法の呪文?」 そうです!この「てむやてくみた」は、その昔、挨拶をしたくなくても、なぜかしてしまうという不思議な呪文でした。 というのが冗談で、この「てむやてくみた」を順番通り組み合わせて書くと、挨拶という漢字になります。 て(手)む(ム)や(矢)て(手)くみ(くが3つ)た(夕) 「てむやてくみた」これさえ覚えれば、みなさんは挨拶という漢字を、何も見なくても書けちゃいますね。   この挨拶ですが、起源や由来を調べてみました。 まず起源ですが、仏教の「一挨一拶(いちあいいっさつ)」が元になっていると考えられています。一挨一拶とは、仏教の一派である禅宗で生まれた概念です。語源として、挨拶の「挨」は、推し量る、近づく、触れるという意味で、「拶」は、切り込むこと。それが禅宗の問答において、門下の僧あるいは修行者同士の悟りの深さを試す言葉として使われるようになりました。やがて、相手の様子を伺うという現在のような意味になったとのことです。   例えば、廊下ですれ違うときに、師匠から何気ない一言が掛けられる。 「中庭は、きれいに掃除できたか?」 言葉自体は中庭の掃除について問われているけれど、その真意がどこにあるのか、弟子はそれを瞬時に察することが求められるのです。咄嗟に、中庭=自分の心、きれいに掃除は、心の曇りはふきとれたかと解釈し、師匠は自分の修行の具合を尋ねたと察知するのです。そうやって「掃除に終わりはないし、修行にも終わりはない。」と返答するのです。行間からにじみ出てくるような思いと同じように、言葉の外に真意をにじませるのです。   次に、挨拶の由来です。 朝の挨拶「おはようございます」の由来は歌舞伎とされています。 歌舞伎役者の準備には時間がかかるため、公演が始まるずっと前から到着して、準備をしていました。それに対し、裏方や下っ端の方へのねぎらいの意味を込めて使った「お早いお着きでございます」という言葉が変化して今の形になったようです。   次に、「こんにちは」の由来です。 もともと、「今日は、ご機嫌いかがですか」「今日は、良いお天気ですね」といった言葉が挨拶として使われていたそうです。明治時代の教科書に「今日は」以降が省略され、「こんにちは」と書かれていたことで広まったとされています。 ちなみに、「こんばんは」も「今日は、良い晩ですね」の略だと言われています。 そして、「さようなら」は「さようならば」の略のようです。「それならば、私はこれで失礼いたします」のような意味の言葉になるのかもしれませんが、本当の意味は定かではないようです。 最後に、「おやすみなさい」です。 これは宿屋の主人が客に対して使っていた「ゆっくりとお休みになってください」が、だんだんと省略されて「おやすみなさい」となったようです。   「一挨一拶」にあったように、もし社内のどこかで突然、和尚に頓智をふっかけられたら、どんな切り返しをすればいいのかと思うと、ぼーっと生きられないなと思いました。心を磨き精進して参ります。 5分間スピーチシリーズは下記リンクバナーから一覧をご覧になれます。 更新情報はInstagramで発信していく予定です。 Instagramを登録されている方は、是非「たかはしきもの工房…

地域の言葉に目を向けましょう【5分間スピーチ】

5分間スピーチとは? スピーチ者 配送 小野寺(美) 今回のテーマは方言の力ということですが、テーマの割り当てを私を狙ってやったのかなって思うほど、私は訛っています。このように、方言と似た言葉で訛りという言葉がありますが、違いがあるのかちょっと調べてみました。   方言とは、ある特定の地域だけで使用される言葉、発音などの言語体系のことだそうです。関西弁や京都弁などは有名な方言です。方言の最大の特徴は、標準語にはない言葉です。例えば、北海道の方言である「なまら」があります。これは”非常に”という意味の言葉ですが、標準語では使われません。 ただ、もともと方言として使われていた言葉が広まり、標準語の言葉に吸収されるケースもあるそうです。例えば、「うざい」という言葉は、もともと東京都の多摩市で使われていた多摩弁でしたが、若者を中心に標準語圏の人たちにも広まり、多くの人が使うようになったそうです。 次に訛りとは、地域特有の発音のことで、方言を特徴づける要素の1つです。東北でいうズーズー弁のことです。訛りはそれぞれの地域で古くから用いられてきた発音を指します。そのため、個人が考えた発音や、流行りの発音などは訛りとは言わないそうです。   最近、NHKの朝ドラ「おかえりモネ」を見ているのですが、気仙沼出身の主人公の方言が、私が知っている気仙沼弁よりも標準語っぽく、すごく違和感を感じることがありました。どんな人が方言指導をしているのが気になり、ネットで検索してみると、たかはしの新社屋落成式の司会をしてくださったフリーアナウンサーの佐藤千晶さんも携わっていました。 方言指導スタッフは2人いて、千晶さんはサブという位置づけでドラマの序盤を担当したそうです。千晶さんが控えめにしたつもりの方言も、きつすぎて意味が通じないとスタッフに突っ込まれたそうです。 視聴者が抵抗なくドラマを楽しめるよう、方言の濃度を制作陣が調整したそうです。千晶さんは愛着が強い分、気仙沼弁を完全に再現できないジレンマもあったそうですが、放送開始後、宮城県以外の人から言葉の優しさが感じられ、物語の内容もすっと入ったと反響があったそうです。確かにそのまんまの気仙沼弁では他県の人たちは何を言っているかわからず、この物語の内容もわからないよなと納得しました。   同じ気仙沼でも場所により方言が違うこともありますよね。 例えば、みなさんは靴の中に水が入ってしまうこと、水たまりなどに間違って入ってしまって、靴の中がビショビショになってしまうことを方言でなんと言いますか。私が幼い頃から聞いて使っていた言葉は、「かっぽぐった」です。でも、同じ新月地区で落合という場所では、「たこつった」というそうです。中学校の友達に聞いた時は、とてもびっくりしたのを覚えています。 以前、お昼休みに方言の話になり、みんなから「ミキさん、年の割に訛ってるから、”だんぽさん”ってわかるでしょ?」と言われたのですが、「え?それはわからないです。」と言ったら、「嘘でしょう?」と言われてしまいました。 確かに、私は仲の良い友達とは、LINEの文でも方言のまま打ってしまうほど訛っていますが、私にはわかりませんでした。「帰ってから、お母さんに聞いてみて。」と言われ、母でも分からないのではと思っていたのですが、さすが気仙沼人の母。すぐに答えが返ってきました。みなさんは「だんぽさん」の意味わかりますか?”おまわりさん”のことです。   私は、父が山形出身なので、山形の方言もちょっと混ざっているかもしれませんが、気仙沼の方言は、自分では割とわかっていたつもりでした。でも、「だんぽさん」は聞いたこともなかったし、母も祖父も使っているところを聞いたことがなかったので、初めて知りました。私も、まだまだだなぁと思いました。 会社ではお客様や電話などで方言を使うことはできませんが、私の愛着のある気仙沼弁を大切に使っていこうと思います。 5分間スピーチシリーズは下記リンクバナーから一覧をご覧になれます。 更新情報はInstagramで発信していく予定です。 Instagramを登録されている方は、是非「たかはしきもの工房…

人の良いところを素直に褒めましょう【5分間スピーチ】

5分間スピーチとは? スピーチ者 配送 岩槻 今日の心がけは「人の良いところを素直に褒めましょう」というものでした。 私はまず自分の良いところを含め、人の良いところを見つけるということが現在の課題の1つだと思っています。   以前話した内容と被るところがあるかもしれませんが、私は元々とてもネガティブ思考で、それが原因となって体調を崩して学校を早退したり休んだりするということが多々ありました。その頃から比べるとだいぶ改善はされました。   ただ、今でも根強く残っている部分もあります。 例えば、人に褒めてもらったときに、うれしい気持ちが湧いてきて自信がつくのと同時に、ダメなところもたくさんあって褒められる人間じゃないのになと思う自分もいたりします。   この原稿を書いていたときは、ネガティブ思考が強かったので、読み返してみると結構いつもそう感じることもないのになぁっていう思う部分もあります。しかし、人間は体調によっても思考が変わってくるところもあるのだなと再度実感しました。   ネガティブ思考にかかわらず、怒りの気持ちも楽しいものではないので、うまく感情をコントロールする方法を今探しているところでもあります。 自分の悪いところがよく見えるのと同じように、人のことに関しても悪いところが目につきがちで、それが原因でイライラモヤモヤしたりすることも多々あります。   悪いところではなく、良いところを見つけられるようになったら、もっと生きるのが楽になるのだろうなとよく思いますが、癖って変えるのが難しいと感じています。 もしかしたら、悪いところを見つけることは、何かを改善していく上で必要なことと自分で思っているからこそ、なかなか変えられないのかもしれません。   悪いところを見つけることは、必要最低限にして、基本的には良いところを見つめて、それを共有して伸ばしていけたら、私が理想とする楽しくて楽で、さらにより良いところを目指して進んでいくことに近づくような気がしています。 それに悪いところを意識するより、良いところを意識していれば、イライラやモヤモヤを抱えることも少なくて、そのような気持ちを抱いたとしても解消されるのが早いと思っています。   最近は悪いところを見がちな癖を自覚して、悪いところでもなく、良いところを探すように意識を変えようと頑張っているところです。ただ繰り返しになりますが、癖というのはなかなか変わらなくて苦戦している状態です。   学校だったか他の何かで聞いたことだったのかを忘れましたが、短所と長所は裏返しと言います。短所に思えることは、長所にもなりうるということが、以前にいただいた「折れない自信の作り方」という本にもありました。 他にも取り入れられそうなところがたくさん載っていたので、もう一度ちゃんと読み込んで試行錯誤しながら、また日々頑張っていきたいと思います。   ここまで話してきて、改善したいという思いから来るものもありますが、悪いところを見てしまうという自分では直したいと思ったところも、裏返してみると向上心という長所だなと気がつきました。   この課題に関しては、まだ自分の中で咀嚼している最中で、まとまっていない部分があったり、考えが二転三転する部分もあったりするので、自分の気持ちとちゃんと向き合って、自分が最善だと思う道に進んでいきたいと思います。   最後に余談ですが、今回のスピーチ原稿作成に取りかかるのがとても遅くなり、今日の朝に書き上げました。職場の教養の中でも、段取りの話が最近よく出ている中で、全然できていない典型的な例だなと思ってちょっと反省しています。   予め期限が決まっているにも関わらず、焦った中でやることで、考えが堂々巡りしてしまい、さらに焦って些細なことでイライラし始めて、さらに集中力が切れてちょっとよろしくない状態になってしまいました。今後は、本当に事前から手を付けて余裕を持ってやっていかないとなと思います。 5分間スピーチシリーズは下記リンクバナーから一覧をご覧になれます。 更新情報はInstagramで発信していく予定です。 Instagramを登録されている方は、是非「たかはしきもの工房…

共感力を養いましょう【5分間スピーチ】

5分間スピーチとは? スピーチ者 受注 畠山 共感力を高めましょうということですが、そもそも共感力とは何ぞやと調べてみました。 辞書には「他人の意見や感情などに、そのとおりだと感じること。また、その気持ち」とありました。   他にも、日本コミュニケーショントレーナー協会の方の著書では「この人だったらわかってくれる。この人だったら信頼できると感じてもらうこと」だそうです。同じ経験をしていない限り、「あなたの気持ち、分かりますよ」というのは、安易に使わないことを勧めていました。 こちらの本には色々書いてありましたが、要約すると類似の事実を当てはめて推測することはできるが、それは理解には及ばないみたいなことが書いてありました。   例えば、たかはしのうそつき襦袢を実際に使っている人が「本当に簡単で楽ちんでとっても良い」というのに対して、「それは、いいね」と同調したとしても、本当に良いものだと実感がない状態では共感しているとは言えない。ということだと思います。 一見理解しているように感じる「わかるよ」というのは、あくまでも他者に調子を合わせているだけで、本当に理解した上での発言とは限らないようです。難しいですね。   とはいえ、実際に重要なのは受け取り方なのでは?と思います。 ゴリゴリに頑なな人に「同じ経験したからあなたの気持ち分かるよ」と言ったところで、「他人に私の気持ちが分かるはずない」と受け入れないし、単純素直な人に「そうなんだ、それは大変だよね」と言えば、「この人、私のこと分かってくれている」と感じるのだから、定義なんてあてにならないのではないでしょうか。考えれば考えるほど分からなくなりました。   別のサイトを調べてみて、もう少し単純に考えなおすことにしました。そちらのページによると、共感力とは相手に共感できるかで、具体的には共感を通じて相手の信頼と承認欲を満たしてあげられる能力で、良好なコミュニケーションに必要不可欠なものとありました。   共感力があることのメリットとして、 ・周りの人をよく見ているため、些細な言動から感情を読み取れる。そのため言動を合わせやすく、無駄に怒らせることがない上、むしろ喜ばせることができる。 ・空気を読むのが上手いので、自分がどう立ち回ればいいのか即座に判断することができ、相手に合わせて言動を調整することで人が不快に思う言動をしないため、人を傷つけずに済む。 とありました。   ちなみにデメリットもあり、 ・自然と気苦労が増えるので心が疲れやすい。 ・他人の意見に共感・同調できるがゆえに、自分の意見がないと思われてしまう。 ・ネガティブな気持ちにも共感してしまう。 だそうです。 確かに、すごく人あたりがよくて付き合いやすそうですが、すごく気を使っていて疲れそうな気がします。一長一短ですね。   この他にも、共感力の高い人の性格として6つ挙げられていたので紹介します。 ・他者への好奇心が旺盛 ・直感力が長けている ・情が移りやすい ・内向的 ・繊細で傷つきやすい ・洞察力に優れ、人の気持ちが手に取るように分かる   また、共感力の高い人の行動として、 ・人が嫌な気持ちになっている状況は見ていられない ・他人の話によく頷く ・自分の話はあまりしない ・聞き上手 ・すぐに他人との共通点を見つけられる ・話している相手と同じ表情になる ・自分の意見がブレてしまいがち という7点が挙げられていました。   みなさんの周りに当てはまる人はいますか? その人は自然と気苦労が増えて心が疲れているかもしれません。お互いにより多くの建設的な言葉をかけ合い、双方が幸せに過ごせるよう、共感力を養っていきたいですね。 ちなみに今一番共感してもらえる言葉は、「5分間スピーチ考えるの大変だ」です。 5分間スピーチシリーズは下記リンクバナーから一覧をご覧になれます。 更新情報はInstagramで発信していく予定です。 Instagramを登録されている方は、是非「たかはしきもの工房…

徹底的に考えましょう【5分間スピーチ】

5分間スピーチとは? スピーチ者 検品 藤原 今日の職場の教養を読んで、ドキッとしました。 私が検品を始めた頃の話です。 「その工程は何のためにやってるの?本当に必要なの?」と聞かれたとき、すぐに返答できなかったことがありました。その理由は、自分で深く考えずに行動していて、言われたから、そうやって教えてもらったから、と行動をしていたためでした。 やっと声を言葉にして出せたとしても、すごく曖昧な答えでした。そのため、相手からしてみれば納得できないような答えしかできませんでした。 この経験から、私は人の話をきちんと聞いて、その相手の話から正確な情報を受け取り、何のために、なぜしなければいけないのかというところを明確にした上で、行動をしていかなければいけないなと感じました。そして、今もその課題にぶち当たっています。   今日の職場の教養にあったように、今日とか明日でできるものではないので、常に意識しながら、もう息をするかのように無意識にでもできるように、小さなことから行動に移していきます。 ただ、まだまだ私も未熟で至らない点も数多くあるので、周りから見ている中で、いやちょっと待てよ、いやそれ違うんじゃないかなというときは、ぜひ指摘をしていただけるとうれしいです。その場合は、真摯に受け止めて、悩みながらも改善していけるように努めて参りますので、よろしくお願いします。   残りの半分は、先日のスピーチで昔話のことをお話しいただいたときに、それ面白いなと思って派生できるものないかなと思いまして、今回は童話の名前が由来の病気というものがあったのでいくつかそれを紹介したいと思います。 私でも知っていたものが一つ。シンデレラ症候群です。これはシンデレラコンプレックスとも言われています。男性に高い理想を持って、自分が貧相な生活をしていても、いつか王子様が現れると信じている状態のことをいうそうです。この状態に陥っている場合に多いのが、男性への依存傾向が高く、相手に幸せにしてもらいたいと思っていることが多いようです。 さらに他にもある中で、個人的にめちゃくちゃ怖いなって思ったものがあります。それは、ラプンツェル症候群です。名前は可愛らしいですが、症状は髪の毛を食べずにはいられなくなる病気です。自分だけならまだしも、他人の髪の毛も食べてしまうというものだそうです。実は髪の毛は食べても消化されないので、長い毛玉のようになって、胃から腸まで伸びていたところから、ラプンツェル症候群という名前がついたそうです。個人的には一番ゾッとしました。 また、初めてこんな病気もあるんだって知ったのもあったので、それもひとつ紹介します。 それは、ミュンヒハウゼン症候群と呼ばれるものです。これは、ほら吹き男爵と呼ばれたミュンヒハウゼン男爵という実物の人物が元になっています。重い病気を装ったり、わざと自傷行為を繰り返すという一種の精神病だそうです。この病気になると、人から関心を得たがったり、周りから同情されることに安心感を得たいっていうことがあるようです。 他にも、青い鳥症候群、オセロ症候群、ピーターパン症候群、ふしぎの国のアリス症候群、チェシャ猫症候群などがあるようなので、もし気になった方がいれば調べてみてはいかがでしょうか。 5分間スピーチシリーズは下記リンクバナーから一覧をご覧になれます。 更新情報はInstagramで発信していく予定です。 Instagramを登録されている方は、是非「たかはしきもの工房…

優れた人格を備える【5分間スピーチ】

5分間スピーチとは? スピーチ者 縫製 村上 優れた人格を備える。そもそも、優れた人格とは、どういう人格のことを指すのかいろいろ考えてみましたが、人によって考え方が違うので、一概には言い切れないところもあると思います。そこで手持ちの本で調べてみました。   呂新吾(りょ…