防災意識を高めましょう【5分間スピーチ】

5分間スピーチとは? スピーチ者 縫製 佐々木(二) 今ここに居る私たち全員が、1000年に1度と言われた東日本大震災を経験あるいは見てきたわけです。では、この震災での死者・行方不明者数を覚えていますか? その数は25,949人、被害総額は16兆9,000億円だそうです。今も当時の光景を思い出すと、何とも言えない気持ちになります。 そして、防災の日が制定されるきっかけになってしまった関東大震災は何年の9月1日か、わかりますか? よくNHKの朝ドラなどでも出てくると思うんですが、私は覚えていませんでした。 関東大震災は、1923年・大正2年の9月1日に起きました。今からおよそ100年前ですね。 発生場所は、東京・神奈川・千葉・埼玉・静岡・山梨に及ぶ、広大な地域です。 死者・行方不明者は、約10万5,000人。被害総額は、現在の貨幣価値に換算すると約320兆円になるそうです。 明治以降の日本の地震被害として最大規模だそうです。あの東日本大震災をはるかに超える災害だったことがわかります。 本当に災害って恐ろしいなと感じながら、調べていました。 だからこそ、職場の教養の今日の心がけにある「防災意識を高めましょう」が大切なんだなと思います。 改めて「防災意識」について調べてみました。 防災意識とは、「普段から災害に巻き込まれないように、また巻き込まれたとしても、被害を最小限に抑えようと備えておく注意深さのこと」とありました。 そのための備えを事前にしておくということで、職場の教養の中での3つ。 1つ目は、「物の備え」ということで、防災セットや非常持ち出し袋ですが、実は私は用意していません。 そこで、中身には何が必要なのか調べてみました。 2012年にグッドデザイン賞を受賞したという防災セットの中身を参考にしてみます。 すごい数なのですが、次の通りでした。 …

文章を読み手の目線で確かめましょう【5分間スピーチ】

5分間スピーチとは? スピーチ者 配送 鷹木 今日の職場の教養の中にあった、変換ミスによる誤字や操作ミスによる脱字について、話したいと思います。 たとえば、荷物を置きましたという報告で、「置き」を起きるの「起き」と出してしまい、後から「起」を「置」ですと訂正を出したり、「了解しました」という短い返事ですら、「了解しま」「した」と変なところで区切って送ってしまったり…。 こんなことをまさに今、社内でのやりとりや友人・家族との会話がすべてLINEでできるようになっていることで、ちょっとの操作ミスから送ってしまっていることがよくあるなと思い出しました。   私の母も、誤字・脱字の天才です(笑) ある日の家族内でのLINEより、母が妹へ送ったメッセージ。 「アキ、新月なったぶどうパンを送るから」 「新月の?ぶどうパン?ふ~ん」と妹が流していたら…。 これ実は、「秋になったから、葡萄を送るから」でした。 単純な文章!パンじゃないんかい!新月関係ない!!(笑)   他にもあります。 実家で、猫を飼っているので、猫のトイレの砂についての母からのメッセージ。 「猫砂50個買った保護いい」 推察するに、米袋ほどの猫砂を50個は無いなと。それが5個か、猫を保護した方が本題かと、なんとか理解しようとした結果…。 「猫砂5個買ったほうがいい?」 という、確認の内容でした。 50個買ったわけでも、猫を保護したわけでもない(苦笑)   極めつけは、私の夫についてのメッセージ。 私の夫は家族内では「チッチ君」と呼ばれていて、そして、飼っている猫は「チョンタ」という名前です。 この紛らわしい名前を母はみごとに…(笑) 「チョンタ君がビッグなビア見てます」 これは、「チッチ君がビッグハウス(スーパー)でビール見てます」ということでした。 もはや、猫も人もわけがわからなくなっているし、あなたはビールをビアと言ったことがない でしょうが!   今回も家族を巻き込んだ自虐ネタなスピーチですいません。 こんなことがよくあるため、母もLINEを覚えた同じ年代のお友達とも、誤字・脱字を交えお互いに「何言ってんだかわかんない~」と言いながらも、会話を楽しんでいることは良いと思います。 ただ、内容もなんとなく理解できればあまり突っ込んだりもしないのですが、これが自分自身の仕事関係やビジネス文章に出てしまうのはとんでもないことです。 LINEやメールを仕事に使っている限りは社内で皆さんに伝えなければならない文章や会話はもちろん、催事でのアドバイザーさんとの伝達や受け答えと、関連業者様やお客様にも必要な情報を分かりやすく連絡できるように考えて文章にしていきたいと思っています。 そのために、以前はよくMさんにご指導いただいていましたが、第三者に見直してもらうことで今後も学んでいきたいと思います。 また、会話や連絡だけでなく、人に見てもらう情報である新人ブログ。 こちらもお堅い説明文だけではなく、面白おかしく、楽しく見てもらいつつ、こういうことを伝えたいという内容がうまく伝わるよう書きたいと思っています。 いつも書いた後に、TさんとMさんが必ずチェックをしてくれて、アドバイスをくれたり、直しを入れて社長に出してくれていて、毎度大変お世話になっております。   私はどうも文章をスマートにまとめることが苦手です。 …

自分自身を磨きましょう【5分間スピーチ】

5分間スピーチとは? スピーチ者 工場長 及川 今日の心がけの「自分自身を磨きましょう」ですが、なかなか難しい課題がスピーチのテーマに来たなって感じです。 今日の職場の教養の中にあった「信頼され、人に好かれることは大切な資産」と言える人は、どんな人なのか。中満泉さんのことを調べてみました。   中満さんは、日本の国際連合職員で、一橋大学大学教授などを経て、日本初の国際連合事務次長として軍縮担当上級代表を務めています。軍縮担当上級代表と、すごい難しい肩書きですね。   どうすれば、核兵器をなくせるのか。 どうすれば、格差や不平等を減らせるのか。 そして、難民、気候変動、ジェンダーなどの問題に向き合う人々の姿を紹介しながら、勇気を持って一歩を踏み出すことの大切さを伝えて、世界は必ず変えられると言っていました。   この時点で、中満さんがすごすぎて、どこまで調べていいかわからなくなってしまいました。 しかし、国連に入ったきっかけに興味を持ったのでご紹介します。   中満さんは、1963年生まれで現在58歳。アメリカを活動拠点にされています。   高校生の頃から国連で働きたいという希望を持っていたそうです。特に具体的なきっかけがあったわけでなく、高校の時にマザーテレサの映画を見て、とても感動したそうです。 そして、人生に大きな目的があることは素晴らしいと思い、国連のような大きな組織で人のため世界のためになるような仕事をしたいと思ったそうです。   大学に入学してから準備を始め、国際法を専攻し、留学もしたそうです。その後、アメリカの大学院で国際関係論を学び、博士号を取得したそうです。   大学院を卒業してすぐ、JPO外務省国際機関人事センターで、法務官としてトルコのアンカラに赴任しました。トルコ在任中に第1次湾岸戦争が起こり、クルド難民危機がありました。 そこから国連でのキャリアの初期に、大規模なオペレーションに関わることになります。   クルド難民危機で、国連難民高等弁務官事務所と軍隊と、初めて大規模な連携して活動していたのです。その多国籍軍の司令部において、連絡調整官として数カ月任務できたことは、その後のキャリアがついたそうです。   緊急人道支援活動に最初から関わることができて、勉強になり幸運だと言っていました。その後も、緒方貞子高等弁務官の特別補佐官として仕事をし、今は秘蔵っ子らしいです。色々な国で仕事をしていたようです。   中満さんは、さらに次のようなことも言っていました。 「組織の中で上に上がっていくにつれて、自分がどのような仕事をすべきなのか。成果を出すことより、いかに自分の周りにいる人たちに刺激を与え、頑張ってもらうことで、全体として一致団結して結果を出していくことを考えるようになった」   これは私たちの仕事も同じなのかなと思っています。 仕事をきちんとし、成果を出してきたからこそ、信頼され、人に好かれるのかなと思います。   私ももっと意識しながら、自分自身を磨いていきたいなと思っています。しかし、なかなか難しいことが多くて大変だなって感じています。   私にとって、美点探しって何だろう?自分自身を磨くのって何だろう?って考えました。 外面的に化粧をするのは誰でもやっていて、自分はそこそこにしかできていないですが。 皆さんはたぶん自分自身を磨かれているんだろうと思います。私も自分なりに自分を磨いていこうと思います。 5分間スピーチシリーズは下記リンクバナーから一覧をご覧になれます。 更新情報はInstagramで発信していく予定です。 Instagramを登録されている方は、是非「たかはしきもの工房…

自信を持つ【5分間スピーチ】

5分間スピーチとは? スピーチ者 店舗 渡部 今日の心がけにあった「自信を持つ」ことは、まさに今の私の課題の1つです。 そして、なかなかハードルの高い問題です。   今日の職場の教養の中の言葉のように、私は周囲の視線や言葉を気にすることが多く、さらに自信を持てずに発言してしまうと、自然と声も小さくなります。 そのため、相手に聞こえず、「えっ?」と聞き返された日には、ますます「あれ?私、何か間違ったこと言ってたかな?」とテンパり、どうしようどうしようと頭がパーンとなってしまいます。   先日、「祥子さんが思っていることや、やろうとしたことって、私は間違っていないと思います。だから自信を持ってください」と言われたことがありました。 自他共に認める単純なつくりの私なので、その言葉がすごく嬉しくて、とても心軽やかになったことがありました。あの時は、ありがとうございました。   話は変わりますが、私は小学校入学の頃から、母の影響で卓球を始めました。そこから、小・中・高と結局二十歳ぐらいまで約15年ぐらい続け、その間に様々な大会に出ました。   攻撃の仕方や周囲の守備の仕方など技術面は磨くことができても、「練習してきたようにいつも通りにできるかな?」とか「負けてしまうんじゃないかな?」とかいった精神面はなかなか強くなれません。   そんな時に何が私を支えたかというと、母や一緒に練習をしてきた仲間たちでした。   母は都合がつけば応援に来てくれて、私は試合中、不安に襲われると体育館の2階の方で応援してくれている母を見上げます。その時、いつも母は「大丈夫、大丈夫だから」と言いながら大きくうなずいてくれました。すると、不思議とすっと心が落ち着いて、視野が広がるようになり、安心して試合に臨むことができました。   この「大丈夫」という言葉が魔法のように、私に自信を持たせてくれました。 今でも、やばいやばいと思ってテンパった時などは、心の中で「大丈夫、大丈夫」と思うようにしています。   はじめから自信に満ちあふれて何でもできちゃう人はいるかもしれませんが、きっと一握りで、多くの人がたくさん知識を得たり、経験を得たりして、それを自信に繋げていくのだと思います。 私のように、ちょっと褒められると単純に自信に向かっていくのは、時に危険なこともあろうかと思うので、人に自信を持って説明したり発信したりできるように私も行動していきたいと思います。   もう一つ、別の話になるのですが、先日の「秘密のケンミンSHOW極」を見た方もいらっしゃるかもしれませんが、宮城のホヤが取り上げられていました。   私は、気仙沼に来て約1年半くらい経ちますが、気仙沼に来て初めて「ホヤ」を知りましたが、一体何であるのかをよく分かっていなかったので、良い機会だと思い見てみました。   ただ、結局よく分かりませんでした。 ホヤが漁船につり上げられてポッコリって入っていく光景や、調理する過程で「ヘソ」のところが一番美味しいとか、エビよりプリプリしていて甘いとか、日にちが経つと鮮度が失われて生臭いとか、なんとなくは分かったのですが。   「ホヤ」を調理していく過程を見ていくと、私はきっとやらないだろうし、できないなということを心に決めました(笑)   まだ「ホヤ」をちゃんと食べたことがなく、以前、乾燥したホヤを食べさせられたことがあったのですが、美味しかったような美味しくなかったような何かよくわからない感じでした。   そのため、ホヤをお刺身にしたものとか、調理されているものを食べていないので、どこかの機会で食べてみて、好きなのか嫌いなのか、自分が食べられるのかを精査したいなと思っています。 5分間スピーチシリーズは下記リンクバナーから一覧をご覧になれます。 更新情報はInstagramで発信していく予定です。 Instagramを登録されている方は、是非「たかはしきもの工房…

お陰さま【5分間スピーチ】

5分間スピーチとは? スピーチ者 総務 板橋 今日は、私の多々あるお陰さまの歴史・経験の中から選択して2つのターニングポイントをお話しさせていただきます。   「いいことはおかげさま わるいことは身から出たさび」 これは相田みつをさんの言葉ですね。   仕事のやりがいや面白さに没頭して突っ走っていて、変に自信があった30代の頃です。 この頃に、相田先生の『にんげんがもの』や『おかげさん』に出会いました。   「ああ、そうだった。」と、なぜか力が抜けるような、安堵を感じたのを覚えています。 「こうあるべき」とか「こうなりたい」とか、そんなことを思ったわけではないんです。 ただ、純粋に心を揺さぶられるという経験でした。きっと、その時の私は、いっぱいいっぱいだったのかもしれません。   それからは、東京の出張のたび、その頃、銀座にあった美術館へ行って、ポスターとかカレンダーとか買いあさって、癒され満たされ、自己満足。今思えばもう本当に単純なミーハーです(笑)   仕事として、教師として、学生に関わる時には、とても参考になって、向き合い方が変わっていったかなと思っています。肩の力が抜けて楽しくなってきた感じがあったように思います。本当に、お陰さまです。   もっと明確に、「お陰さま、ありがとう」という言葉を意識したのは15年ほど前です。 『ツキを呼ぶ魔法の言葉』という、五日市先生の著書を、親友の某Kさんが紹介してくれました。   その頃、私は仕事上の重圧・プレッシャーと、自分の中で滞っている変な思いを、どのように表現したらいいのか、迷っていた時期でした。この本はそれを解決するひとつの答えとなりました。   とにかくすぐに実践できる手段として、「ありがとう」という魔法の言葉に「ツキ」を求めました。 1日に10回以上、周りの人にありがとうを言う。家族、同僚、学生もそうなんですが、スーパーの店員さんからすべてです。 とにかく、ありとあらゆるチャンスを逃さないように、ありがとうと言える場面をまるでハンターのように求めて、ありがとうを言ってみました。   すると、なんと夫は、目を丸くして進んでゴミ出しをしてくれるようになりました。 同僚や部下が、張り切ってプロジェクトを進めて、気持ちよく買い物もできました。そんな気がしました。   さて、みなさんは「ありがとう」の反対は何だと思いますか? みなさん知ってるかと思いますが、それは「当たり前」という言葉です。   私たちの周りは当たり前だらけです。有り難い、有りがたし、ということで、有ることが難しい・滅多にない・稀だという、奇跡かもしれないことを、ありがとうと感謝しています。   私たちは毎日の生活を当たり前に過ごしています。でも、本当にそうでしょうか? 歩けること、目が見えること、笑って話ができて、食事ができて、呼吸ができて、家族がいて、友達がいて。   やはり震災を経験した私たちは、この日々は奇跡に近いこと、「ありがとう、お陰さまなんだな」と思います。   やって当たり前、仕事だから当たり前、スーパーの店員さんなんだから当たり前。 そうではなくて、自分の中の当たり前を大きく変換しなければならないと感じました。   実際は、そう簡単に他者を変えられるなんてことはないと思います。ただ、確実に私自身の心の持ちようが変わることで、問題解決に向かいます。   「ありがとう」は、本当に魔法の言葉です。今は「ツキ」を求めるための言葉ではないと実感しています。   「ありがとう」を言おうと思って言うのではなく、自然とそれが出てくるような、自分と一体となる感謝の言葉。これが常に出てくるように。これは自分のため、将来、老後に夫が進んで何でもするように、そんな壮大な課題に挑戦しています(笑)。相田みつを先生に、笑われそうな人間だものの私です。 5分間スピーチシリーズは下記リンクバナーから一覧をご覧になれます。 更新情報はInstagramで発信していく予定です。 Instagramを登録されている方は、是非「たかはしきもの工房…

季節の変わり目を感じる匂い【5分間スピーチ】

5分間スピーチとは? スピーチ者 検品 藤原 今日の職場の教養の中の、「季節の移り変わりを感じる」に関連してお話しします。 一般的に、季節の移り変わりを感じるものを挙げると、気温の変化や草花の種類と天気、昆虫などが出てくる種類などでも感じることがあると思います。 しかし、私が一番最初に季節の移り変わりを感じると思ったのは、匂いでした。 みなさんは、特定の匂いを嗅いで、「あっ!この季節になったんだな」と感じることってありますか? 聞いておきながらなのですが、私が季節ごとに毎回匂いを感じるわけではありません。 春と夏は特に、「この季節になったんだな」という匂いは正直そんなに無いです。 ただ、秋はちょっと涼しくなって、やっと夏が終わって過ごしやすい季節になってくるのもあって結構好きな季節です。そのためか、ふとした瞬間に香ってきた匂いを嗅いで、「あぁ、もうこんな季節になったんだな」というのを感じます。 秋であれば、枯葉や木を燃やした後のような、焦げた匂いを感じます。また、物悲しいような匂いです。 冬であれば、冷凍庫の匂いのようなちょっと冷たく澄んだ感じの匂いを感じます。 普段、感じていた季節の匂いを改めて何だろうと思い調べてみました。 季節の匂いというのは、大まかにくくると自然環境が発する匂いだそうです。そして、季節の匂いを感じるのは、すごく個人差があるようでした。 なぜ、個人差があるのかと思って、さらに調べてみました。すると、大きく分けて2つありました。 すごく匂いを感じやすい人というのは、感情が動きやすくて繊細な人。もう一つが、嗅覚がすごく鋭い人だそうです。 そこで、「あれ?私はあんまり当てはまらないかも」と思ったんです。 さらにネット上で探していたら、「日本官能評価学会」から「においに対する感受性と年齢及び食嗜好との関係」というものが発表されているのを発見しました。 それによると、匂いに対する感受性は、単に嗅覚器官の感受性に依存するものでは無いこと。 私たちの体験や経験、あるいは訓練や学習が関与することで決定される思考や識別能力と密接な関係にあることを示すと書いてありました。 これを読んで、私が好きな秋と冬の匂いを思い浮かべて、ハッとしたんです。 というのも、秋の匂いで挙げた焦げた匂いというのは、保育園で行った焼き芋パーティーで嗅いだ匂いなんです。 当時は、保育園の園庭で、実際に焚き火を起こして、お芋をつっこんで焼いて食べていたんです。その時の匂いだったと思うのですが、そこに加えて何かもの悲しい匂いというのは、その焼き芋をぺろりとたいらげた私の気持ちなんです(笑) さらに、冬の冷凍庫の匂いというのは、小学生の頃、スーパーのアイスコーナーに直行しては、アイスが入っている什器の中に顔を突っ込んで、その中の冷気を自分に補給していたということがありました。 これに関しては、臭いよりもその冷気が鼻を通って肺に行く感覚がすごく好きだったような気がします。今思うと、ちょっと変わった子ですかね(笑) 過去の記憶や体験から、今までうまく説明することができなかった季節の匂いについて、「日本官能評価学会」の発表を読めたおかげで、私が説明ができるようになったことが、いい勉強になったなと思いました。 5分間スピーチシリーズは下記リンクバナーから一覧をご覧になれます。 更新情報はInstagramで発信していく予定です。 Instagramを登録されている方は、是非「たかはしきもの工房…